人気記事

  1. 「日本酒好きの人妻アイドル」を有するアイドルユニットのRICE-HEART、第三期メンバーとして活動をスタート

    「日本酒好きの人妻アイドル」を有するアイドルユニットのRICE-HEART、第三期メンバーとして活動をスタート
     昨年5月に誕生した、「日本酒の魅力をアピールする日本酒好きなアイドルユニット」のRICE-HEART。活動を続けていく中、ユニット活動に有りがちな脱退や加入を繰り返しながら、RICE-HEARTも短期間の中、4人編成、3人編成と形を変えて...

  2. 異色のシンガーソングライター“橋爪もも”の魅力

    異色のシンガーソングライター“橋爪もも”の魅力
    異色のシンガーソングライター“橋爪もも” 彼女がライブのMCやプロフィールで枕詞言葉にしているのが、 「ロリータ・ギター弾き語りシンガーソングライター」というものである。 見たままを表しただけで、何かまとまりのないようにも思えるそ...

  3. シュヴァルツカイン、1stアルバム『Complex』が予約で完売。このたび曲順やジャケットを変え、楽曲を追加収録し、新たな装いを持ったセカンドプレス盤の発売を決定!!

    シュヴァルツカイン、1stアルバム『Complex』が予約で完売。このたび曲順やジャケットを変え、楽曲を追加収録し、新たな装いを持ったセカンドプレス盤の発売を決定!!
    2月に発売したシュヴァルツカインの1stフルアルバム『Complex』が、発売を待たずに予約のみで完売。会場で先行販売した作品も同じく完売。早くも幻のアルバムと化している。 過去にも、プロトタイプシングルとして店頭発売を予定してい...

  4. 「ギャロ単独公演企画『SHIBUYA BLACK CIRCUS』」の詳細を発表。

    「ギャロ単独公演企画『SHIBUYA BLACK CIRCUS』」の詳細を発表。
    「ギャロ単独公演企画『SHIBUYA BLACK CIRCUS』」の詳細を発表。 ギャロ、3時間33曲ぶっ続けで熱狂を描き続けたワンマン公演の模様もレポート!! ギャロから最新のアーティスト写真(イラスト)と新たなお知らせが届い...

  5. “STRAYDOG”Produce公演『海街diary』が、3月末より上演。舞台演技とバンド演奏が絡みあい、感情的な物語を投影。バンド演奏にRisky Melodyが参加!!

    “STRAYDOG”Produce公演『海街diary』が、3月末より上演。舞台演技とバンド演奏が絡みあい、感情的な物語を投影。バンド演奏にRisky Melodyが参加!!
    吉田秋生の描いた漫画『海街diary』。同作品は、「第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」「マンガ大賞2013」「第61回小学館漫画賞一般向け部門」など多くの評価を獲得。2015年には実写映画化。「第68回カンヌ国際映画祭コンペ...

  6. ノープランなアイドルユニット「のーぷらん。」。マジに、ノープラン!?

    ノープランなアイドルユニット「のーぷらん。」。マジに、ノープラン!?
    のーぷらん。…その名の通り、彼女たちの活動もステージングも、物販時の行動もすべてノープラン。もちろん、彼女たちを支えている運営側はプランニングしている。だからメンバーたちは動けている。ただし、運営の手の届かないところへ躍り出たとたん、彼...

  7. 「ちょっぴりオマセなマセがき」アイドルユニットのBeeすく~る、黄金時代も所属しているスカイミュージックへ所属が決定!!

    「ちょっぴりオマセなマセがき」アイドルユニットのBeeすく~る、黄金時代も所属しているスカイミュージックへ所属が決定!!
    「ちょっぴりオマセなマセがき」アイドルユニットとして2015年12月25日クリスマスの日に誕生。当時は、全員が小学生というアイドルグループとしてBeeすく~るは活動をスタートさせた。 今年4月よりメンバー3人が中学生になることから、...

  8. 新田恵海の最新シングル『ROCKET HEART』、収録した楽曲を本人が全曲解説

    新田恵海の最新シングル『ROCKET HEART』、収録した楽曲を本人が全曲解説
     4月19日(水)に、前作から1年2ヶ月ぶり通算5枚目となるシングル『ROCKET HEART』を発売する声優の新田恵海。今回は「優しく背中を押す」よりも背中で語ると言いますか、「私はもっともっと前へ進んでいくよ、だからみんなも付いてきて」...

  9. Risky Melodyが主催したイベント「Happy Carnival」、春の東名阪ツアーを実施。千秋楽となった東京公演は8時間に及ぶ熱狂が繰り広げられた。

    Risky Melodyが主催したイベント「Happy Carnival」、春の東名阪ツアーを実施。千秋楽となった東京公演は8時間に及ぶ熱狂が繰り広げられた。
     Risky Melodyが主催者となり定期的に実施しているイベント「Happy Carnival」。このイベントは、ガールズバンドやアイドル、ソロシンガーなどジャンルを超え多種多彩な女性アーティストたちが共演してゆく内容。途中にトークコー...

  10. シュヴァルツカイン、スタイリッシュになった最新アーティスト写真を公開

    シュヴァルツカイン、スタイリッシュになった最新アーティスト写真を公開
    2月22日(水)に、1stフルアルバム『Complex』を「全国流通盤」TYPE-Aと「ライブ会場&通販限定盤5 TYPE-Bの2タイプ同時発売するシュヴァルツカイン。オフィシャルコメントでメンバーらが語っているように、予約の段...

  11. 黄金時代に新メンバーが3人加入。定期公演「ゴールデンタイム」で新生黄金時代が初ステージをダイナミックにぶち噛ました!!

    黄金時代に新メンバーが3人加入。定期公演「ゴールデンタイム」で新生黄金時代が初ステージをダイナミックにぶち噛ました!!
    昨年6月26日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージを舞台にライブデビュー。5人の海賊たちとして華々しく航海へ乗り出すが、メンバーの脱退、事務所の倒産という荒波を経験。新たな船(スカイミュージック)を手にして以降は、AKIBAカル...

  12. KISS the CROWN、双子の兄弟の生誕祭を兼ねたワンマンライブを高田馬場AREAに熱くねっとりとぶち込んだ

    KISS the CROWN、双子の兄弟の生誕祭を兼ねたワンマンライブを高田馬場AREAに熱くねっとりとぶち込んだ
     昨年、KISS the CROWNが恵比寿aimを舞台に行い続けた6ヶ月連続無料ワンマン公演。あのときは前月の動員を更新出来なかった場合、その月の時点で連続公演は終了という形で実施。結果、彼らは6ヶ月間動員を上げ続け、同シリーズ公演を華々...

  13. 元joyの天田優子、新プロジェクトimmortal noctilucaとして1stアルバム『Gleam』を発売

    元joyの天田優子、新プロジェクトimmortal noctilucaとして1stアルバム『Gleam』を発売
    「肩身の狭い想いをしなくてもいいんだよ」という想いを示していきたい。 元joyの天田優子、新プロジェクトimmortal noctilucaとして1stアルバム『Gleam』を発売。 一時はメジャーシーンでも活動、元joyのヴォ...

  14. 「Crazy Monsters」MSTR(Crack6)×森若香織(GO-BANG’S)対談

    「Crazy Monsters」MSTR(Crack6)×森若香織(GO-BANG’S)対談
    2017年3月5日(日)「Crazy Monsters」主催イベントへ『あいにきてI・NEED・YOU!』の森若香織(GO-BANG'S)が参戦!! Crack6のMSTR(千聖 from PENICILLIN)が主催者となり、定期...

  15. BABYMETALなぜ海外で人気?カワイイ文化から生まれたメタルユニットとしての評価

    BABYMETALなぜ海外で人気?カワイイ文化から生まれたメタルユニットとしての評価
     今年の第65回NHK紅白歌合戦への初出場が期待されていたアイドルグループがいる。BABYMETAL(ベビーメタル)だ。発表数日前には、NHK総合で特集番組(12月21日深夜)が放送されるということがニュースとなっていたために更に期待が高ま...

  16. 氷室京介、休止騒動の真相は?過去の言動から見る発言の真意「プライドと潔さ」

    氷室京介、休止騒動の真相は?過去の言動から見る発言の真意「プライドと潔さ」
    氷室京介(53)がライブ活動の休止を発表した。当初は引退と報じられていただけに衝撃が走った。その後、休止と改められたがそれでもファンの間では、ヒムロックとライブは切っても切り離せないものとの認識があっただけに、ショックは計り知れないも...

  17. 記事作成

    記事作成
    音楽に関する意見や考えを記事にして寄稿してみませんか? 記事を作成、投稿するには、まず、寄稿者登録(無料)をおこなう必要があります。 以下から寄稿者登録をおこなって下さい。 ツイッターやフェイスブックアカウントからも作成できます。 ...

  18. 元joyのヴォーカリスト天田優子、新プロジェクトimmortal noctiluca始動 そのライブは小さな生を謳歌していた

    元joyのヴォーカリスト天田優子、新プロジェクトimmortal noctiluca始動 そのライブは小さな生を謳歌していた
    joyのヴォーカリスト/ソングライターとして始動。一時期はメジャーへ表現の場を移し、アニメ「エウレカセブンAO」のエンディングテーマ『アイオライト』をスマッシュヒットさせれば、アルバム『カレイドスコープ』もリリース。だが、バンドは約9年...

  19. がらくたロボット インタヴュー

    がらくたロボット インタヴュー
    3月8日に最新ミニアルバム『BREAK OUT』を発売したがらくたロボット。フロントマンの2人が20歳、後ろを支えるドラムが25歳と、まだまだ鼻っ柱の強いガキどもだ。でも、3人が掻き鳴らすロックンロールには、酸いも甘いも知り尽くした大人た...

  20. howlsとは?

    howlsとは?
    互いに意見を出し合うことで、カルチャーの発展を  howls(ハウルズ)は、音楽、映画、書、演劇、漫画・アニメに対する自分の考えや主張を記事として発表するウェブマガジンです。あなたの考えをコラムとして投稿して下さい。  それぞれ...

  21. 今年デビュー15周年を迎えるアニソンシンガーの谷本貴義。難病のジストニアの症状を克服し力強いピアノ弾き語りワンマンを実施。満員の観客たちに未来へ向かうエールをプレゼント!!

    今年デビュー15周年を迎えるアニソンシンガーの谷本貴義。難病のジストニアの症状を克服し力強いピアノ弾き語りワンマンを実施。満員の観客たちに未来へ向かうエールをプレゼント!!
    今年デビュー15周年を迎えるアニソンシンガーの谷本貴義が、4月7日(金)に高田馬場 四谷天窓.comfortを舞台に「谷本貴義 弾き語りライブ「Heartfield 2017」」と題したピアノ弾き語りのライブを、満員の観客たちを前に行っ...

  22. THE ALFEEが40年続けられた理由、今も「初客を意識」する謙虚さ

    THE ALFEEが40年続けられた理由、今も「初客を意識」する謙虚さ
     デビュー40周年を迎えた3人組ロックバンドのTHE ALFEE(ジ・アルフィー)の活動40年の歴史を詰め込んだムック本『THE ALFEEぴあ』(発行=ぴあ、販売価格=2500円)が先月30日に発売された。  もともとテレビやラジオ...

  23. d-girls、今度はTSUTAYA O-EASTを舞台に「単独公演1000人動員挑戦企画」を実施

    d-girls、今度はTSUTAYA O-EASTを舞台に「単独公演1000人動員挑戦企画」を実施
    昨年8月に渋谷クラブクアトロで行ったワンマン公演の会場で、d-girlsは「TSUTAYA O-EASTワンマンライブへの挑戦!!」を発表した。そのライブの日程がついに発表になった。日時は、4月17日(月)。掲げたタイトルには「d-gi...

  24. MSTR(千聖 from PENICILLIN)主催の「Crazy Monsters」へ『あいにきてI・NEED・YOU!』の森若香織(GO-BANG’S)が参戦!!

    MSTR(千聖 from PENICILLIN)主催の「Crazy Monsters」へ『あいにきてI・NEED・YOU!』の森若香織(GO-BANG’S)が参戦!!
    Crack6のMSTR(千聖 from PENICILLIN)が主催者となり、定期開催中のイベント「Crazy Monsters」。 その最新シリーズ「Crazy Monsters ~春の祭典 2017 東名阪TOUR~」が3月に行わ...

  25. ドリームバンド、THE BEETHOVEN。命綱のない綱渡りの人生をコンセプトシングル『CIRCUS CIRCUS』へ投影。

    ドリームバンド、THE BEETHOVEN。命綱のない綱渡りの人生をコンセプトシングル『CIRCUS CIRCUS』へ投影。
     Psycho le Cemu/DaccoのYURAサマ(Dr)/メトロノーム・ADAPTER。の福助。(G)/元ドレミ團、現:怪人二十面奏のマコト(Vo)/人格ラヂオの那オキ(B)/元花少年バディーズ、現:The Benjaminのミネム...

  26. かなでももこ×大原ゆい子×YURiKA、3人のアニソンシンガーがコラボイベント「LIVE A.N.D」へ登場。同じステージの上で、どんな楽しいサプライズが飛び出すか!?

    かなでももこ×大原ゆい子×YURiKA、3人のアニソンシンガーがコラボイベント「LIVE A.N.D」へ登場。同じステージの上で、どんな楽しいサプライズが飛び出すか!?
     「ROCKとPOPS」「アニソンとゲーソン」「バンドとソロ」「シンガーとシンガー」「シンガーと声優」「表現者とオーディエンス」…さまざまな組み合わせのもと、「AND=&」をテーマに届けるシリーズイベントの「LIVE A.N.D」。...

  27. 運営者情報

    運営者情報
    媒体名howls.jp 運営者株式会社アイ・シー・アイ 編集責任者木 村 武 雄 所在地〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)14階 連絡先電話:014...

  28. 華原朋美なぜロックをカバー?タイプが異なるLUNA SEA「ROSIER」を歌う理由

    華原朋美なぜロックをカバー?タイプが異なるLUNA SEA「ROSIER」を歌う理由
     「本当に」という言葉を付け加えたくなる程、ここ数年は本当にカバー曲が流行っている。最近でもクリスハートやBENI、May J.などのリリースが相次いでいて、しかもどれも良い売り上げを記録している。  カバーアルバムの良さは、昔の楽曲...

  29. 中森明菜、新曲はなぜEDMなのか 共通点から探る心情 新曲に懸けた思いとは

    中森明菜、新曲はなぜEDMなのか 共通点から探る心情 新曲に懸けた思いとは
     昨年NHK紅白歌合戦で約4年ぶりに公の場に姿を見せた中森明菜(49)。「緊張した」と本人が語った久々のテレビ出演はトークこそ声が震えていたものの、歌い始めれば空気感はガラリ。低音に響く妖艶な歌声で新曲「Rojo -Tierra-」を歌い上...

  30. 大御所の紅白卒業、意義を再確認 自分の趣味を超えたところに面白味

    大御所の紅白卒業、意義を再確認 自分の趣味を超えたところに面白味
     毎年恒例のNHK紅白歌合戦の出場歌手が24日、発表された。“落選”という言葉の響きは、あまり好まないが、それでもどの歌手が漏れたかは気になる。今年は、和田アキ子など、紅白の顔ともいうべきレジェンドの名前がなかった。  昨年、紅白のリ...

The following two tabs change content below.

編集部

howls編集部です。

最新記事 by 編集部 (全て見る)