人気記事

  1. 異色のシンガーソングライター“橋爪もも”の魅力

    異色のシンガーソングライター“橋爪もも”の魅力
    異色のシンガーソングライター“橋爪もも” 彼女がライブのMCやプロフィールで枕詞言葉にしているのが、 「ロリータ・ギター弾き語りシンガーソングライター」というものである。 見たままを表しただけで、何かまとまりのないようにも思えるそ...

  2. ザ・ローリング・ストーンズ、11年ぶり新譜で原点回帰 純粋な音楽作りへの愛情の証

    ザ・ローリング・ストーンズ、11年ぶり新譜で原点回帰 純粋な音楽作りへの愛情の証
     ザ・ローリング・ストーンズ(THE ROLLING STONES)が12月2日に、11年ぶりとなるニュー・アルバム『ブルー&ロンサム(BLUE&LONESOME)』をリリースする。11月某日には都内で、報道陣に向けに試聴会が開催され、一足...

  3. 青山テルマの魅力、歌唱力とトーク力 アウェー感も笑いに変える明るさ

    青山テルマの魅力、歌唱力とトーク力 アウェー感も笑いに変える明るさ
     【取材雑感】歌手の青山テルマが16日、東京・羽田空港の国際線旅客ターミナルでおこなわれた、冬季イルミネーション装飾点灯式「羽田 Sky illumination 〜Trans-Luminary〜 異次元の光」に出席。自身のヒット曲「そばに...

  4. ムードメーカー国分太一、取材で実感した“場を盛り上げる力” 五輪旗イベントで

    ムードメーカー国分太一、取材で実感した“場を盛り上げる力” 五輪旗イベントで
     【取材雑感】TOKIOの国分太一(42)が19日、東京・東久留米市スポーツセンターで開催された『東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー』歓迎セレモニーに出席。特別アンバサダーを務める国分は、日本女子競泳元代表の伊藤華英さん...

  5. 大御所の紅白卒業、意義を再確認 自分の趣味を超えたところに面白味

    大御所の紅白卒業、意義を再確認 自分の趣味を超えたところに面白味
     毎年恒例のNHK紅白歌合戦の出場歌手が24日、発表された。“落選”という言葉の響きは、あまり好まないが、それでもどの歌手が漏れたかは気になる。今年は、和田アキ子など、紅白の顔ともいうべきレジェンドの名前がなかった。  昨年、紅白のリ...

  6. 記事作成

    記事作成
    音楽に関する意見や考えを記事にして寄稿してみませんか? 記事を作成、投稿するには、まず、寄稿者登録(無料)をおこなう必要があります。 以下から寄稿者登録をおこなって下さい。 ツイッターやフェイスブックアカウントからも作成できます。 ...

  7. セカオワなぜ若者に人気なのか、視覚に訴えかける演出と幻想的な詞の魅力

    セカオワなぜ若者に人気なのか、視覚に訴えかける演出と幻想的な詞の魅力
     今年大みそかの第65回NHK紅白歌合戦(午後7時15分)への初出場内定が報じられているSEKAI NO OWARI。きょう26日にも正式発表される見通しだ。SEKAI NO OWARIのは男女4人からなるバンド。ボーカルが赤髪で、ピエロが...

  8. BABYMETALなぜ海外で人気?カワイイ文化から生まれたメタルユニットとしての評価

    BABYMETALなぜ海外で人気?カワイイ文化から生まれたメタルユニットとしての評価
     今年の第65回NHK紅白歌合戦への初出場が期待されていたアイドルグループがいる。BABYMETAL(ベビーメタル)だ。発表数日前には、NHK総合で特集番組(12月21日深夜)が放送されるということがニュースとなっていたために更に期待が高ま...

  9. 中森明菜、新曲はなぜEDMなのか 共通点から探る心情 新曲に懸けた思いとは

    中森明菜、新曲はなぜEDMなのか 共通点から探る心情 新曲に懸けた思いとは
     昨年NHK紅白歌合戦で約4年ぶりに公の場に姿を見せた中森明菜(49)。「緊張した」と本人が語った久々のテレビ出演はトークこそ声が震えていたものの、歌い始めれば空気感はガラリ。低音に響く妖艶な歌声で新曲「Rojo -Tierra-」を歌い上...

  10. 宇多田ヒカル楽曲が今もなお愛されている理由とは、日本人の美意識に通じる「間」

    宇多田ヒカル楽曲が今もなお愛されている理由とは、日本人の美意識に通じる「間」
     宇多田ヒカルのデビュー15周年を記念したソングカバーアルバム『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』が去る9日に発売された。井上陽水や椎名林檎、浜崎あゆみなど日本の音楽シーンに名を馳せるトップミュージシャンが、宇多...

  11. 華原朋美なぜロックをカバー?タイプが異なるLUNA SEA「ROSIER」を歌う理由

    華原朋美なぜロックをカバー?タイプが異なるLUNA SEA「ROSIER」を歌う理由
     「本当に」という言葉を付け加えたくなる程、ここ数年は本当にカバー曲が流行っている。最近でもクリスハートやBENI、May J.などのリリースが相次いでいて、しかもどれも良い売り上げを記録している。  カバーアルバムの良さは、昔の楽曲...

  12. “TKブーム”再来はあるか、小室哲哉サウンドが当時ヒットした要因と今後の可能性

    “TKブーム”再来はあるか、小室哲哉サウンドが当時ヒットした要因と今後の可能性
     先月、鈴木亜美(32)のデビュー15周年記念シングル『graduation』で、初期からプロデュースを手掛けていた小室哲哉(55)が再び楽曲提供したことで話題を集めた。小室といえば、TM NETWROKだけでなくヒットメーカーとしての...

  13. 90年代を彩ったあのバンドはいま?SIAM SHADEの輝き

    90年代を彩ったあのバンドはいま?SIAM SHADEの輝き
     音楽シーンのなかでも全盛期と言えば90年代だろうか。次々とミリオンセラー作品が世に飛び出し、ひと際輝いていたように思える。私見でみれば90年代には大きく3つの時代に分けられる。  まず、90年から95年頃まではBeing時代。94年から...

  14. 運営者情報

    運営者情報
    媒体名howls.jp 運営者株式会社アイ・シー・アイ 編集責任者木 村 武 雄 所在地〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)14階 連絡先電話:014...

  15. howlsとは?

    howlsとは?
    互いに意見を出し合うことで、カルチャーの発展を  howls(ハウルズ)は、音楽、映画、書、演劇、漫画・アニメに対する自分の考えや主張を記事として発表するウェブマガジンです。あなたの考えをコラムとして投稿して下さい。  それぞれ...

  16. きゃりーや初音ミクに共通するサウンド「ダブステップ」その魅力とは

    きゃりーや初音ミクに共通するサウンド「ダブステップ」その魅力とは
     音楽にもサウンドの流行り廃りはある。最近の流行りと言えば「EDM」と言われるエレクトロダンスミュージックではなかろうか。日本で言えば小室哲哉、そしてPerfumeなどの楽曲をプロデュースする中田ヤスタカらがその代表格と言えよう。最近でもあ...

  17. 布袋寅泰「ギタリスト回帰」が意味するもの、変わる音 新書で語る

    布袋寅泰「ギタリスト回帰」が意味するもの、変わる音 新書で語る
     日本屈指のギタリスト布袋寅泰(52)が今の心境を語り尽くした書籍『布袋寅泰ぴあ』(発行・発売=ぴあ、販売価格=1620円)が30日に発売される。原点回帰で迎えたソロ25周年。最新アルバムでは“歌わない”、“海外プロデューサーを立て...

  18. いつまでも青春を謳歌できる、レジェンドの努力に敬意

    いつまでも青春を謳歌できる、レジェンドの努力に敬意
     氷室京介のラストライブから早くも4カ月が経とうとしている。あれだけ虚無感を味わいながらも、今はこうして平常の生活を送っている自分に、社会に適合していく人間のむなしさを覚える。  ラストライブ後に開かれた、映画の完成披露試写会で、...

  19. 人気記事

    人気記事

  20. 氷室京介、休止騒動の真相は?過去の言動から見る発言の真意「プライドと潔さ」

    氷室京介、休止騒動の真相は?過去の言動から見る発言の真意「プライドと潔さ」
    氷室京介(53)がライブ活動の休止を発表した。当初は引退と報じられていただけに衝撃が走った。その後、休止と改められたがそれでもファンの間では、ヒムロックとライブは切っても切り離せないものとの認識があっただけに、ショックは計り知れないも...

  21. 元ステポニが新バンド、解散後に訪れた初めての下積み そして再契約まで

    元ステポニが新バンド、解散後に訪れた初めての下積み そして再契約まで
     メジャーシーン。それは誰もが夢見る世界だ。大歓声を受けてスポットライトを浴びるその姿。スポーツに然り音楽に然り。夢舞台であるこそ味わえる感覚。しかし、そこに立ち続けることは難しい。競争社会のなかで実力と人気が伴わなければすぐに引きずり降ろ...

  22. THE ALFEEが40年続けられた理由、今も「初客を意識」する謙虚さ

    THE ALFEEが40年続けられた理由、今も「初客を意識」する謙虚さ
     デビュー40周年を迎えた3人組ロックバンドのTHE ALFEE(ジ・アルフィー)の活動40年の歴史を詰め込んだムック本『THE ALFEEぴあ』(発行=ぴあ、販売価格=2500円)が先月30日に発売された。  もともとテレビやラジオ...

  23. 寄稿者登録

    寄稿者登録
    Twitter、facebookからログインせず、直接、編集部へ登録申請する場合は以下の内容を入力して送信してください。 後日、ユーザーIDとパスワードを送信します。 ...

  24. 寄稿者一覧

    寄稿者一覧

  25. 寄稿者登録と記事出稿

    寄稿者登録と記事出稿
    寄稿者登録と記事出稿 寄稿者登録と合わせて記事を出稿される場合は以下の項目を入力後、送信してください。    ...

  26. 宇多田やラルク作品にも導入、ハイレゾ音源にみる音楽の未来とは

    宇多田やラルク作品にも導入、ハイレゾ音源にみる音楽の未来とは
     過去にヒットした楽曲を高音質で再発売(楽曲配信)する試みが最近の音楽業界でみられる。例えば、1974年に放送され今もなお人気が高いアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のサウンドトラックなど。おおむね「ハイレゾ」という言葉で表現されているが、日本を代表...

  27. TM NETWORKの衝撃、小室哲哉の軌跡でみる音楽シーンの変化

    TM NETWORKの衝撃、小室哲哉の軌跡でみる音楽シーンの変化
     2014年4月21日にデビュー30周年を迎えた音楽ユニットがいる。TM NETWORKである。  TM NETWORKは、前身バンドのSPEEDWAYを経て小室哲哉氏、宇都宮隆氏、木根尚登氏の3人によるユニットとして1984年4月21日...

The following two tabs change content below.

編集部

howls編集部です。

最新記事 by 編集部 (全て見る)