宮田聡子、「グラツー」のハマりすぎで腕に“グランツーリスモ筋”!?

エンタメ, 総合, 音楽

RHYMESTERの宇多丸がパーソナリティを務める、毎週木曜日21時よりTBSラジオで放送中の「プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』」。7月8日と7月15日には、モデルの宮田聡子が登場する。

 

7月8日放送の前編は子どもの頃の話から。「ゲームがなかったらこんなに仲良くなかったかも」というくらい、3人きょうだいで一緒にゲームをしていた宮田。『熱血硬派くにおくん』で対戦していたとき、負けた弟に腹いせで太ももを鉛筆で刺されてしまったという熱血ならぬ“流血”エピソードを披露。しかし弟とはゲームを通じて今でも仲が良いという。また、17歳で一人暮らしを始め、初任給で「プレイステーション3」を買ってからはゲームばかりやっており、家から出ないので母親は逆に安心していたという。

 

7月15日放送の後編では、最近のゲームライフについて。のめり込むととことんやり込むという宮田。レースゲーム『グランツーリスモ』にハマッていたとき、部屋に専用の椅子とハンドル型コントローラーや、風を感じるための小型扇風機をセッティングして運転席を構築し、毎日走り込んでいたところ、腕には“グランツーリスモ筋”がついてしまったという。そのほか、ゲームのための休日を、詳しい事情を告げずに所属事務所に申請するなど、ゲームにまつわる様々なおもしろエピソードが飛び出したという。

 

同番組はクラウド型ラジオサービス「ラジオクラウド」、IPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で聴くことが可能。

 

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ:http://www.tbsradio.jp/mygame/

The following two tabs change content below.
浦和武蔵
5月5日生まれB型。(自称)永遠の20歳。埼玉在住。ゲームライターやスマホ系ライターとして、現在フリーで活動中。放送作家、リサーチャー、ゲームプランナー、シナリオライターの経験もあり。ここ数年はチップチューンにハマっているらしい。