音楽使用権売買サービス「Audiostock」に、「ZUNTATA」書き下ろし楽曲が登場!

総合, 音楽

オーディオストックは、音楽の使用権を売買するストックミュージックサービス「Audiostock」にて、タイトーのサウンドチーム「ZUNTATA」の楽曲を、2月19日に販売開始した。

 

Audiostockは音楽の使用ライセンスを売買できるサービス。クリエイターは、自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取れる。利用者は単品購入またはサブスクリプション方式で購入手続きを行なうだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリなどの商用コンテンツに音楽を組み込むことができる。2013年のサービス開始以降、約1万7000組の音楽クリエイターが制作した音楽作品を販売。映像クリエイターやYouTuberなどの個人ユーザーから、映像制作会社などの法人ユーザーまで、あらゆる層の動画制作者をサウンド面でサポートしている。

 

同サービスで大手ゲームメーカーのサウンドチームの楽曲を取り扱うのは初の試みであり、Audiostockでの販売用に書き下ろされたZUNTATAの楽曲を単品購入や定額制プランで利用可能。「迫力のある壮大なポップオーケストラ」「疾走感のある爽やか和風EDM」「ゲーム内戦闘シーン向けチップチューン」など、現在は13曲の新曲が販売されており、楽曲は今後も随時追加される予定だという。

 

▲ZUNTATA 土屋昇平氏

 

▲ZUNTATA MASAKI(森正樹)氏

 

▲ZUNTATA 下田祐氏

 

Audiostock:https://audiostock.jp/

ZUNTATA 楽曲販売ページ:https://audiostock.jp/artists/51711

The following two tabs change content below.
浦和武蔵
5月5日生まれB型。(自称)永遠の20歳。埼玉在住。ゲームライターやスマホ系ライターとして、現在フリーで活動中。放送作家、リサーチャー、ゲームプランナー、シナリオライターの経験もあり。ここ数年はチップチューンにハマっているらしい。