音楽は君にとってのなんだ? 原田珠々華バンドセットワンマンライブ『夏期集中講座』で熱血学習

総合

原田珠々華が8月12日に渋谷WWWで、バンドセットワンマンライブ『夏期集中講座』を開催した。

昨年12月13日のワンマンライブ『ハジマリのオト』以来のバンドセットによる演奏で、メンバーは山本幹宗(Gt)、藤原寛(Ba)、岡田梨沙(Dr)、にしのえみ(Key)という編成。

原田はシックなワンピース姿で登場し、「今日は楽しんでいきましょう!」とにこやかに挨拶すると1曲目の『Fifteen』を歌い上げる。

エレキギターに持ち替えた原田は『今年の夏休みは君とデートに行きたい』を演奏。客席に指差しするサービスも見せながら、等身大の人間味を感じさせる『泣きたい夜に』と『生まれてきてから』を歌う。

続いて久しぶりのバンドセットでの披露となる『ねがいごと』と『シルバーコード』は、叙情的なバンドアレンジにしっくりとくる納得の演奏。

『Moonlight』でスポットライトを浴びながら「I love youも言えないままの私じゃないから」と歌う鮮烈さ。『ハジマリのオト』の定番となったシンガロングの歌唱指導を今回のライブタイトルになぞらえて「学習」という茶目っ気。これからの定番になりそうな『サイダー』でのタオル回しもあり、バンドサウンドに映えるドラマティックなキーボードが客席の熱量を象徴するようだった。

『Hero』ではもう抜群の安定した歌唱といって相違ない、頼もしい歌声を披露し、『Sixteen』で本編を締めくくる。「音楽は君にとってのなんだ?」と突きつめるように問いかける。若さを切り売りするかのようなアイドル活動を経て、それでも音楽と向き合ってきた原田だからこそ書ける葛藤やとまどいのこめられた歌が、夏の只中に響いた。

アンコールはソロでの弾き語り、ギターの山本と二人の編成、バンド編成という具合に盛り沢山な内容。Bounceで連載しているコラムで言及していた新曲『ずっと』も初披露し、充実したライブを終えた。

そして8月31日に梅田シャングリラで原田珠々華 ライブシリーズ 2019 『~夏期集中講座・追試~』の開催が発表された。さらに10月26日に大阪、27日に名古屋、11月4日に東京で開催されるCafe Tourも予定しているとのこと。詳しくは原田珠々華公式サイト、Twitterを確認しよう。

 

 

 

バンドセットワンマンライブ『夏期集中講座』セットリスト

01.Fifteen

02.プレイリスト

03.今年の夏休みは君とデートに行きたい

04.泣きたい夜に

05.生まれてきてから

06.ねがいごと

07.シルバーコード

08.聞いてよ

09.Moonlight

10.ハジマリのオト

11.サイダー

12.Hero

13.Sixteen

<アンコール>

14.title

15.山椒魚

16.ずっと

17.Sixteen

 

原田珠々華Official Website

http://www.haradasuzuka.com/

 

原田珠々華 Official Twitter

http://twitter.com/harada_suzuka/