reading note 平田勝久がソロ活動を発表。9/1 初のワンマン開催決定

総合

現在活動休止中のreading noteのフロントマンである平田勝久(Vo/G)がソロ活動をスタートすることを発表。ソロワンマンライブ「新呼吸」を9月1日(日)に駒沢STRAWBERRY FIELDSにて開催する。

【平田勝久ソロワンマン「新呼吸」】
会場:駒沢STRAWBERRY FIELDS
日程:2019年9月1日(日)
時間:開場・18:30 / 開演・19:00
前売料金:3,000円(ドリンク代別)
チケット発売URL:https://hiratakatsuhisa.stores.jp/items/5d2d6b093a7e96196d4e20c7
※チケットは7/30 21:00より発売

6月29日、渋谷O-WESTにて活動休止前ワンマンライブを行い、現在は活動休止中のreading noteのVocal/Guitarである平田。初のソロワンマン「新呼吸」は、reading note時代に不定期開催されていた「深呼吸」を継承するイベントとなる。チケットは上記専用サイトにて、7月30日(火)21時より発売開始予定。

なお、平田のソロ始動に合わせてスタッフ Twitterアカウント@HirataStaff が開設されている。最新情報は、スタッフアカウントでも発信予定との事。既に9月1日のソロライブのサポートメンバー( Gt. 遠藤タカヒロ 、Dr. 中江太郎)もTweetされているのでぜひ併せてチェックして欲しい。


平田勝久 Hirata Katsuhisa (Vo/G)
大阪府出身。reading noteのフロントマンであり、全曲の作詞作曲を担当。
2005年に「Reading Note」を結成。東京上京を機に表記を「reading note」に変更。渋谷近辺のライブハウスを中心に活動し、その楽曲の世界観から「五月病バンド」として注目を浴びる。
2013年Bellwood Record内 ROCKBELL recordsにて、1st Mini Albumをリリース。2017年には自主レーベルを設立し、完全セルフプロデュースにてMini Album「人間味」をリリースした。同年にはバンドの目標でもあった初の海外公演である台湾の「Wake up Fes」にも出場を果たす。2019年6月29日TSUTAYA O-WESTでのワンマンライブをもってバンドは活動休止中。