詩吟 × MIDDLE EAST GAMES CON ・中東最大のゲームショーに 詩吟ユニットxièが出演

エンタメ, 音楽

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで、2018年10月25日(木)~27日(土)まで開催されたMiddle East Games Con 2018。このイベントに、フランスJapan Expoやロンドン Hyper Japanなどで和文化を紹介してきた一般社団法人 ジャパンプロモーションが主宰するブース「MIYABI」が初出展。和を紹介するアーティストとして、詩吟ユニット xiè(シエ)も出演した。

中東最大のゲームショーとなるMiddle East Games Con 2018で、日本文化を紹介する「MIYABI」のブースには、パフォーマンス・アーティストとして、Xieの他にもekotumi、刀屋壱、en Design×arise、KIRIE他9組が参加。アニメやマンガを通して、日本文化に興味を持つ多くの来場者の注目を集めた。

■一般社団法人 ジャパンプロモーションWebsite
http://www.japanpromotion.org/
■Middle East Games Con 2018 Japanese Pavilion MIYABI 紹介ページ
https://www.me-gamescon.com/en/show-info/Whats-On/Japanese-Pavilion.html#anchor3_anchorlinks_copy_cop

 

アブダビにてマンガやアニメ、和文化に興味がある若者達のグループ
Abu Dhabi ANIME CLUBのメンバーと記念撮影するxiè

 

日本人でもなかなか触れる事のない詩吟。その詩吟を現代的にアレンジしたxièのサウンドに、中東の観客がどの様に反応してくれるか? フランスやイギリス、チェコでもパフォーマンスを披露しているxièのHagiと恵聖も始めは不安もあった様だ。

■サウンドクリエーター/Hagi(ハギ)コメント
初めての中東公演という事で、言葉や宗教・文化など日本とは異なる環境の方々が、詩吟を聴かれてどのような反応になるのか少し不安でした。しかし、首都のアブダビでは英語が話され、すでに西洋の文化も浸透していたからでしょうか。「東洋と西洋」「伝統とテクノロジー」の融合をコンセプトにしたxièの音楽を楽しんで頂けて、安心しました。また音楽は国境を超えるものなのだと、実感しました。

■詩吟・舞踊アーティスト/恵聖(けいせい) コメント
初めての中東公演という事で、私自身とても楽しみにしていました。 実際に演奏してみると、多くのお客様が集まり、演奏中は静かに、そして演奏後は1曲ごとに「フォー」という歓声とともに大きな拍手をして下さり、日本文化への関心の高さを感じました。 私個人としては、詩吟を聞いてフォーという歓声が日本では無い反応でとても新鮮で嬉しかったです。 今後も、詩吟が日本の文化の1つとして受け入れられる事を願っています。

■Middle East Games Con 2018
Japanese Pavilion MIYABIでのxiè セットリスト

M1・晴れてよし曇りてもよし富士の山もとの姿は変わらざりけり
M2・敷島の大和心を人問はば朝日ににおう山桜花
M3・月の砂漠
M4・桂林荘雑詠諸生に示す(其の二)
M5・川中島 + Mission : Impossible

 

海外でも注目を集める現代的なサウンドと詩吟を融合させたxièのサウンドは、年明け1月大阪にてライブでお楽しみ頂けます。

日時:2019年1月19日(土)開場 16 : 00 / 開演 17 : 00
会場:Flamingo the Arusha(フラミンゴ・ジ・アルーシャ) 06-6567-4949
チケット:¥3,500- 前売り (1Food・1Drink 別)(当日 ¥4,000-)
特別出演:河野 李岳・根岸 明風
サポート:田野村 聡(尺八)
チケット予約他詳細はxièのWebsiteにてご確認下さい。
Website http://www.xie.tokyo/index.html

■詩吟ユニット「xiè(シエ)」Profile
詩吟・舞踊アーティスト 恵聖とサウンドクリエーター Hagi によるユニット
恵聖の卓越した詩吟テクニックと表現力がHagi により精巧にプログラミングされたサウンドと一体となり、さらに壮大で繊細な音空間を作り出す。

日本の伝統芸能である詩吟。従来の詩吟は無伴奏(アカペラ)に加え、琴や尺八で伴奏をつけることが基本となっているが、コンピュータープログラミングによって作り出されたエスニック&アンビエントなサウンドと融合させる事で、今までにない新しいスタイルが誕生した。
また詩吟は主に漢詩や和歌、俳句に日本独特の音階をつけて吟じるものであるが、「xiè」では恵聖のアイデアによって詩吟の常識に縛られない詩の世界が表現される。

ユニット名の「xiè」は、古代中国の伝説の生き物「xièzhì(スィエチー)」を語源としている。「xièzhì」は物事の善悪を見きわめる事ができると言われており、「xiè」の奏でる音楽も真を見極めた音のように、聴く人の心の奥深くまで響きわたるようにと名付けられた。

この記事にコメントを残す