【新企画】さよなら平成、こんにちは令和『新年号に歌い継がれてほしいご当地アイドルソングセレクト10』

エンタメ, 総合, 音楽

日本ご当地アイドル活性協会は新年号になっても10年、100年歌い継がれてほしいご当地アイドルソング10曲を発表いたしました。

さよなら平成、こんにちは令和『新年号に歌い継がれてほしいご当地アイドルソングセレクト10』の選考基準は、故郷を思い出させる曲、目に涙をさそう曲、もしくはライブで必ず異様な盛り上げを作る曲です。

時代の温故知新を忘れないよう、今後は毎年5月上旬の恒例企画にしたく思っております。

①【青森】りんご娘 『だびょん』

誰でも参加できる「だびょん」の振付は老若男女参加できるご当地ソング。歌詞も良い。

②【宮城】SCK GIRLS 『ReGeneration』

2011年東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市の少女達が活気と笑顔を取り戻そうと結成。当時代表だった故・阿部健一さんのコメントが心打たれます。

③【宮城】Dorothy Little Happy 『デモサヨナラ』

この曲が流れれば誰でもどこでも盛り上がる定番萌えソング

④【茨城】水戸ご当地アイドル(仮) 『いばらき おいしいパラダイス』

茨城県魅力度ランキング最下位脱出のため作られました。軽快な曲中に52品目紹介されるお手本ご当地ソング。MVは曲に合わせて茨城観光地を紹介。

⑤【長野】パラレルドリーム 『I LOVE 長野』

これでもかというほど長野の地名、食べ物、方言が出てくるご当地ソングは珍しい。長野あるあるも随所に出てきて楽しめます。

⑥【新潟】Negicco 『トリプル!WONDERLAND』

元気をもらえるポップチューン。新潟の街を3人で明るくする前向きソング。LIVEですごく盛り上げる1曲。

⑦【愛知】BOYS AND MEN 『ヤンキー体操』

東海地区の幼稚園、保育園の児童が踊れるというコミックソング。一見怖そうなヤンキーのイメージを180度裏切るやみつきソング。

⑧【愛媛】ひめキュンフルーツ缶 『恋の微熱』

キャッチなメロディーと、切ない歌詞は必ずLIVEで盛り上がる1曲。何度聞いても飽きない病みつきソング。

⑨【福岡】LinQ  『さくら果実』

3rdシングル。何度聞いても飽きない春の定番ソング。

➉【福岡】SHUN 『ぬくもり』 ※青SHUN学園

災害が続いた時期に自分に何ができるのか?自問自答して作られた曲。LIVEではお客さん同士、手をつなぎ、ぬくもりを感じながら合唱するのが印象的。