私たちと一緒に現実逃避しませんか??必殺♡りあるえすけーぷ、デビュー単独無料公演のチケットが2分で完売。関西に新しい脅威が現れた?!お披露目公演の模様をレポート!!!!!!

エンタメ, 音楽

 大阪に新たに誕生したアイドルユニット”必殺♡りあるえすけーぷ”が、無料お披露目単独ライブを8月29日(土)に梅田am Hallを舞台に行った。ソーシャルディスタンス仕様の中、用意した80席は、たった2分で完売。その理由も、背景を知れば納得だ。
メンバーは、心斎橋にあるメイドカフェ&バー「シャノワール」と「ラピスラズリ」の人気メイドたち。必殺♡りあるえすけーぷは「現実逃避 現実世界から仮想世界へ」をテーマに、現実世界を忘れ、ライブに触れた人たちを夢あふれる仮想世界の住人へ塗り替えてゆく目的を持って活動している。つまり、彼女たちはパラレルワールド(異世界・並行世界)でわちゃわちゃとはしゃぐ無邪気な乙女??たちというわけだ。
お披露目ライブでは、チケットを手に出来なかったけど一緒に仮想世界へ足を踏み入れたい人たちの要望を受け、無料配信ライブも実施。多くの人たちが彼女たちの初めての旅立ちへ温かい視線を注いでいた。
ここからは、必殺♡りあるえすけーぷの始まりの景色(ライブ)の模様をお届けしたい。

 舞台上ではしゃぐメンバーたち。必殺♡りあるえすけーぷのお披露目ライブは、メンバーらの可愛い姿を楽曲に投影した「愛’sきゅーぶ」からスタート。気持ちをキュンキュン騒がせる楽曲の上で、6人のメンバーたちが愛らしい姿を見せてゆく。中には、愛らしい声で甘いセリフを届ける美咲のソロパートのように、胸キュンなポイントもしっかり投影。触れている間中、「恋せよ君も このボクに!」の歌詞のよう、彼女たちに夢中という熱い視線をずっと送っていた。

始まりの楽曲を歌い終わり、メンバーもちょっとひと安心。でも「今日はありがとうございました。6人でこれから頑張っていきます」と、始まったばかりなのに、リーダーの眠ありさが緊張のあまりエンディングのような発言をしてしまう。リラックスしてそうで、意外に緊張している様が発言の間に間から伝わってきたのも、デビューライブらしい風景だ。

 続いて披露する「青春アンチミサイル」は、眠ありさ作詞による楽曲。片思いの切ない心模様を記した歌詞やちょっぴり切ない曲調のように、メンバーたちは愛しい人への想いを巡らせるように歌っていた。サビで心解き放つ表情も見せるが、そこへ至るまでの、メンバーたちの片思いに揺れる心情を歌う様に注目してもらいたい。落ちサビで、メンバーが2人ずつ告白するように気持ちを伝えるところも見どころだ。
「ユートピア」は、とても爽やかなロック調の楽曲。彼女たちの未来へ進む強い意志を代弁した、耳心地好くも力強い青春ロックしているところが魅力だ。メンバーらも、愛らしい声の中へ強い想いを秘めながら歌唱。顔を見合せ歌う様から、メンバーのフレンドリーな関係性が見えてきたのも嬉しかった。

MCでは、「グループ名の由来は?」「現実逃避という意味が込められてて、ライブを通して一緒に現実逃避できたらいいなという想いから必殺♡りあるえすけーぷと名付けました」。「ファンの方たちの名称は何ですか?」「一緒に現実逃避する仲間という意味を込めて”めいと”と呼びたいと思います」。「最終目標とするライブは」「最終じゃなくて、1年後にはZepp Tourを今の目標にしています」など、twitter上で募集した質問に次々と答えてゆく。「好きな食べ物」について語る中、甘いお菓子から、めん類、お酒に合う辛いおつまみまで、メンバーの個性に合わせた嗜好がいろいろ見えてきたことも伝えておこう。

後半は、ふたたび「青春アンチミサイル」を歌唱。一度披露したことや、MCを通しリラックスした理由もあるのか、先に歌ったときよりもテンション高く歌とステージングを披露。切ない気持ちの歌ながら、舞台の上で歌う楽しさがそこへ加わっていたせいか、より感情際立つ歌として胸に届いたのも嬉しかった。
最後は、必殺♡りあるえすけーぷの生きざまを投影した「ユートピア」をふたたび熱唱。楽曲を男性が作っていることから、力強い口調の歌になっているのも特徴だ。それを可愛い女の子たちが歌うところが面白さ。シリアスな想いをふわり優しく包み込んで届ける姿にも注目してもらいたい。

今はまだ3曲という持ち歌だが、その中にいろんな表情を描き出しているように、必殺♡りあるえすけーぷが、これからどんな異世界へ連れ出す歌を届けてくれるのか楽しみにしていようか。

アンコールは、冒頭に歌った「愛’sきゅーぶ」から。アイドルファンなら胸を騒がせること間違いない、必殺♡りあるえすけーぷの武器となる最高にキュートなキラーチューン。彼女たちの愛らしさを存分に楽しめる内容なのが嬉しい。この歌に触れている間、騒ぐ胸のときめきを抑えられなかった。とくに美咲の愛らしいセリフは絶対的な胸キュンポイントだ。ぜひ、その歌声に触れ、ドキドキして欲しい。
最後は、三度(みたび)「ユートピア」へ。「おっおおーおーおーおー!!」と彼女たちが歌う声に合わせ、心の中で一緒に叫んでいた人たちも大勢のいたのでは。この日一番多く歌っていたように、今の必殺♡りあるえすけーぷにとって、「ユートピア」が一押しの曲…と捉えて良いだろう。

 最後に、メンバー一人一人が、(一部)涙声混じりで、この日の感想を述べてくれた。

「(4月デビューの予定が)コロナでデビュー自体も延期になって、ホンマにデビュー出来るのか不安やったけど。ずっとアイドルになりたいと思ってて、こうやってみんなにアイドルの姿を見せれて本当に嬉しくて。こんなにたくさんの人が来てくれると思ってなくて、めっちゃ楽しかったです。ほんまにありがとうございます。これからも頑張っていくのでついてきてくれたら嬉しいです」(ぴあの)
「思ってる以上にたくさんの人に観に来てもらえて、とても嬉しいです。これからも頑張っていくので温かく見守ってください」(美咲)
「わたしなんか絶対アイドルになれないと思ってたんですけど。こうやって拾ってもらえて好きな仲間と一緒にデビューできて本当に嬉しいです」(水瀬慧)
「今日は来てくださってありがとうございます。本当に不安で、人がいないと思ってたんですけど。みんなに会えて嬉しかったです」(幻中ここる)
「ずっと緊張してて、でも人と目があって緊張もほぐれました。これからも、この6人で頑張っていくのでよろしくお願いします」(眠ありさ)
「めちゃめちゃ緊張したんですけど、これからもっと成長していくので応援よろしくお願いします。6人でデビューできて嬉しいです」(柊セナ)

お披露目ライブを、無料とはいえ単独公演という形でスタートを切った必殺♡りあるえすけーぷ。これから数多くのイベントライブが控えている。関西地区の方々は、一度その姿を観に行ってもらいたい。そのうえで、推しかどうかはあなたの心の動きで決めてくれ。

最後に、メンバーを代表してのミニインタヴューもお届けしたい。

――必殺♡りあるえすけーぷとは、どんな魅力を持ったグループなのか教えてください。
眠ありさ 名前の由来が「現実逃避」というところから来ているんですね。メンバーみんな、割と現実逃避する子たちだし、私たちのライブ自体が現実から離れた世界を作れば、参加してくれる人たちも、必殺♡りあるえすけーぷのライブを通して一緒に現実逃避していけたらなという想いを持って名付けています。
柊セナ 「現実逃避」と聴くと、現実から逃げてるみたいに思われるけど。メンバーみんなけっして弱いわけではないです。むしろ、「現実を忘れさせてあげたい」「現実を離れた楽しさを与えてあげたい」という気持ちを持っていれば、そういう存在に必殺♡りあるえすけーぷはなっていきたいです。
――必殺♡りあるえすけーぷは、今後どんなグループになりたいですか?
眠ありさ みんなに笑顔を与えられるグループであり、ライブを観たら幸せになれれば、私たちに触れることで新たな感情が芽生える、そんな存在になりたいです。
――最後に、メッセージをお願いします。
眠ありさ 私たちと一緒に現実逃避しませんか??ライブに触れ、そのまま現実逃避し続けていただいても良いですので。現実を忘れたい人たちは、ぜひ必殺♡りあるえすけーぷのライブに来てください。

LIVE PHOTO: Tshakaphyllo
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

9月18日(金)@心斎橋BIGCAT
9月19日(土)@神戸VARIT.
10月3日(土)@アメリカ村FANJ twice 「必殺♡りあるえすけーぷ定期公演」

必殺♡りあるえすけーぷ twitter
https://twitter.com/real_escape__

眠ありさ
@XnemuX7

柊セナ
@hiria_sena

ぴあの
@hiria_piano

美咲
@hiria_misaki

幻中ここる
@hiria_cocoru

水瀬慧
@hiria_kei