達成率115%でクラウドファンディングが成功。未完成アリス、ふたたびツアーファナイル公演へ挑む?!

エンタメ, 音楽

本来なら6月に行う予定だった、47都道府県×2周ツアーのファイナル”マイナビBLITZ赤坂”でのワンマン公演。中でもヴォーカルの有栖川 塁は、10年来の夢を形にする場としてとても楽しみにしていた。だが、コロナ禍の影響により公演は中止に。ツアーは合計15公演が延期及び中止となった。
その悔しさを呑み込み、彼らは「ふたたびファイナル公演実現させる」想いを胸に、クラウドファンディングを実施した。
「3,000,000円」を目標に始めたクラウンドファンディングは、ラスト2日で160万円以上の支援を集めるという驚異的な追い上げで、最終的に”達成率115%”という、嬉しい形で達成することが出来た。この喜びを、バンドを代表し有栖川塁が語ってくれた。

「 目標達成の瞬間、気がつけば堪えきれない感情が溢れ出していました。眠る時間さえも勿体無いと思うくらい、時間が足りないと思いながらただひたすらに伝え続けた思い。それが多くの人に届いたのだと思ったら、これまでの事が走馬灯の様に浮かびあがりました。
皆さんから頂いたお気持ちに誠心誠意でお応えする事。それが僕らのこれからの生きる意味です。
【応援して本当によかった】心からそう思って頂ける様に、5人の人生の全てをかけて伝えさせてください。本当に本当に有り難うございます。

現在マイナビBLITZ赤坂さんと9月中旬のスケジュールで日程を押さえる予定で話が進んでいます。今この御時世ですが、その中で出来る最大限の事を見出し選択したいと思っていますので、あらためて発表させてください。」(有栖川塁)

マイナビBLITZ赤坂の話も前向きに進んでいるという未完成アリス。(マイナビBLITZ赤坂は2020年9月22日を持って閉館予定)。従来の活動ペースやスタンスに戻るまでまだまだ時間はかかりそうだが、今回のクラウンドファンディングで得た支援の声と自分たちの夢を形にしてふたたび示すために、彼らは水面下で動き出している。

音楽(魂)を届ける灯(想い)が消えない限り、未完成アリスはこれからも歩みを止めることなく進み続けてゆく。新たな動きが生まれた際には、改めて報告を入れたい。

TEXT:長澤智典

未完成アリス Web
https://mikansei-alice-official.amebaownd.com/
未完成アリス twitter
https://twitter.com/mikansei_alice