6月6日放送の「激レアさんを連れてきた。」へ、ヴィジュアル系出身の「ヒィロ」が出演。小太りちゃんから長身細身で美肌な37歳のビューティおじさんに。

エンタメ, 音楽

 あなたも、興味津々な目で毎週「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系毎土曜22時10分)を観ているだろうか。番組には「激レアさん」という言葉に相応しい、探究心が勝るあまり常人の度を越えた行動を起こした結果、世の人々に多大な影響を及ぼしたり歴史に残る発明をするなど、普通の人には成し遂げられない奇特なことをやっ(てしまっ)た人たちが、この番組には数多く登場してきた。簡潔に言うなら、世の人々が称賛する(?)奇人変人たちを取り上げた番組ということだ。
番組には、本当に社会生活に良い影響を与えてきた人から、その界隈では驚異的な人、普通ならあり得ないレアな体験をした人など、酒宴の席の主演になれる人…つまり、面白い話のネタに相応しい様々な分野の人たちが登場してきた。その番組に、まさか「ヴィジュアル系バンドの人」が「激レアさん」として出演してしまうとは…。

6月6日(土)に放送となる「激レアさんを連れてきた。」に登場する、番組としては初になるヴィジュアル系バンドマンとは一体誰なのか…。憧れの視線を集めることが多いヴィジュアル系バンドマンの一体誰が、「激レアさん」な人生を送ってきたのか…。気になるでしょ。それが、この方だった!!

6月一発目の「激レアさんを連れてきた。」に出演し、キャストたちの度肝を抜いたのが、ヴィジュアル系バンドマンでありながら、今はエステティシャンとしても活動しているヒィロ氏。5年間の活動の中、一度もインディーズに戻ることなくメジャーレコード会社を3社も渡り歩いたように、その時点で激レアなバンドとして語り継がれているν [NEU]のベーシストとして活動をしてきた人だ。
でも、なぜヒィロ氏が「激レアさんを連れてきた。」に出演したのか…。詳しくは番組をご覧になって欲しい。とはいえ、その答えは、ここに映し出されている写真が物語っていた。

番組では、幼少の頃「引きこもり」だったヒィロ氏が、バンド活動を始め、今現在の職業であるエステティシャンとして成功するまでを紹介している。ヴィジュアル系ファンたちの大半がヒィロ氏の存在を知ったのはν [NEU]として。過去にはかませ犬、JOKER、HeaRtというヴィジュアル系バンド経歴があるが、番組内ではν [NEU]時代の活動にも触れている。ファンには、そこも嬉しい見どころになりそうだ。
とはいえ、ヴィジュアル系番組ではないように、メインはヒィロ氏の生い立ちが軸になっている。つまり、「10代の頃は引きこもりのおデブちゃん」だったヒィロ氏が、なぜ「ヴィジュアル系バンドマン」なり、今の「売れっ子エステティシャン」になったかを紹介している。
でも、ここまで読んで気づいた方もいるのではないだろうか…。確かにヒィロ氏が出る番組は「激レアさんを連れてきた。」だが、その内容が「激変さんを連れてきた。」だということを…。
なぜヒィロ氏が、小太りちゃんから長身細身で美肌な37歳のイケメンおじさんになったのか…。自粛を名目に、ずっと家に引きこもり、すっかり激重になったみなさん、この番組を通し、ヒィロ氏の激変ぶりの秘密を紐解こうじゃないか。でも、彼の歩みを観たからと言って、あなたも同じ道を辿れるわけではないですよ。すべては、あなたの努力次第ですから。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

・『激レアさんを連れてきた。」番組ホームページ
https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/

・ヒィロ Twitter
https://twitter.com/neu_hixro

・5/30〜6/18まで、医療機関に全額寄付をするクラウドファンディングも挑戦中!
https://readyfor.jp/projects/lily-project