声優の野津山幸宏らが出演。ゲストに小松昌平が登場。楽天TV声優チャンネルで放送中の「ボドカフェ!」。前回に続き、マーダーミステリーゲームをプレイ。犯人の正体が、ついに判明!!

エンタメ, 音楽

楽天TV声優チャンネルで放送中、出演するキャスト陣が実際にプレイしながら様々なボードゲームの魅力を伝えてゆく番組、それが「ボドカフェ!」。MCは、野津山幸宏(新人スタッフ)、田邉安彦(店長)、金村明日香(先輩スタッフ)、相合谷由馬(常連客)が担当している。

3月20日(金)配信 第4回目放送回レポート

3月20日(金)に「ボドカフェ!」第4回目の放送が更新になる。第3-4回目のゲストとして、声優の小松昌平さん登場。番組では2回に渡り、ボードゲーム界でブームになりだしている”マーダーミステリーゲーム”を紹介(第3回目はアーカイブ放送中)。取り上げたのが、「ボドカフェ!」放送用に書き下ろしたゲーム「LIVEミステリー!~史上最悪の舞台裏~」。この番組で取り上げた後、この春に内容をリアレンジし、ボードゲームとして発売することも決定している。

「タイトルコール」

「ボドカフェ!」第3回目(アーカイブ放送中)と第4回目は、2回に渡り、「LIVEミステリー!~史上最悪の舞台裏~」を実践してゆく形で進められていることを説明。ゲストに、IQ130を誇る声優の小松昌平さんが登場。先に、ゲームの内容を記そう。

「LIVEミステリー!~史上最悪の舞台裏~」という探偵ドラマの最終回を、今回は収録ではなく、スタジオ生配信で放送するという形で物語は始まる。本当なら華やかな幕引きとなるはずだった物語が、探偵役の主演俳優が本番収録日に誘拐されてしまう。しかもその誘拐犯は、内部犯の仕業。その犯人を探そうと、プレイヤーそれぞれが物語の登場人物となり、みんなで協力しながら事件の真相を解き明かしてゆく。ただし、この登場人物の中に事件の犯人が混じっている可能性がある。各々に配られたシナリオシートには、それぞれの役者が演じるキャラクターのプロフィールや、他のキャラクターとの関係性、自分しか知らない秘密の情報、自分のキャラクターが達成せねばならないミッションや勝利条件が記されている。それをもとに事件を解決してゆくのだが、その方法が「会話」と「捜査」。やり方は、「他のプレイヤーと自由に情報交換をする」方法。「全員でテーブルを囲み議論をする」方法。特定の人に伝えたい情報や聴かれたくない情報は「その人たちだけが移動し密談」もできる。さらに「捜査チップを用いて現場から情報カードを引いて情報を収集」し、推考を重ねたうえで犯人を浮き彫りにしてゆく。最後に全員で「この人が犯人」と投票。その犯人を当てたら犯人以外の人たちが勝利、当てられなければ犯人の勝利というルール。

「オープニング」

番組は、前回の放送を振り返っての経緯話からスタート。ここで、出演者及びキャスト陣が演じるキャラクターを改めて紹介。登場するのが、ベテランという名の刑事(田邉安彦)、モデル出身のタレントでドラマでは医者役で登場しているイケメン(小松昌平)、探偵助手のアイドル(金村明日香)、若手芸人であり情報屋のコミカル(相合谷由馬)、誘拐された主演俳優HEROのマネージャー(野津山幸宏)の5人。

「密談と公開会議」

ふたたび始まった主演俳優HEROを誘拐した犯人探しの捜査。キャスト陣が、新たに手にした情報をいろいろと開示。そのうえで、それぞれが「密談」を重ねながら出た情報を「公開会議」を通して報告。その情報を元に、さらに推考を深めてゆくのだが…当初に出た情報の真相が明かされ予測が一転すれば、新たに出た情報でさらに謎が深まるなど、物語は混迷を増してゆく。むしろ、いろんな情報を積み重ねながらどれを取捨選択し、犯人を絞り込んでゆくかがポイントになっていた。その後も、マネージャーが次々と新たなHEROのキャラクター性を示する情報を告げれば、そのたびに推理が攪乱されてゆく…のだが、その情報をどう整理するかが、真相へ近づく道にもなっていた。
それまでの「推理」を積み重ね、ここで各自が「誰が犯人か、その理由は」を語りだす…が、各自まだ犯人を特定できず。中には、犯人にされそうなことから弁明してゆく発言も出れば、前回に犯人かもと上がっていた人物が、そうではないかも…という推測に変わるなど、この時点では、キャスト陣が混迷していたことも報告しておこう。


「推理ショー」

続いて、最後のコーナーとなる「全体会議」へ。それぞれが持ち寄った情報を並べ、これまで出ていた疑問をどんどん塗り潰してゆく。しかも、とあるキャストの発言をきっかけに次第に犯人が絞られだす。さらに、各キャラクターの意外な背景も見えてくる。犯人探しと同時に、サブキャラにもスポットを当ててゆく面も、このゲームの面白さ。
先の会議を踏まえ、それぞれが「犯人」を一斉に指差し指名。その人とは…。そこは、番組をご覧になってください。

「犯人指名」

最後に、犯人に指名された人に1枚の正解を書いた用紙が手渡された。それを指名された人が読んだところ、その犯人とは…。なぜ、その人が犯行を行なったかの背景もここで語られる。さらにここで、「えっ?!」というエンディングを迎えることになる。ここまで展開してきたことが、その結論?!?!?!。
加えて、各自に与えられた課題をどれだけクリアしているかで与えられる点数を計算。その結果も含め、気になる方は番組をご覧になってください。

次回の放送は、4月3日(金)になります。こちらもお楽しみに。

「おまけコーナー」

ここでは、番組を振り返ってのトークが繰り広げられた。犯人がわかったうえで、この感想話を聞くことで、各自の心の内側が伺い知れる。本編を味わい、このコーナーでのキャストたちの語りや犯人の「トリック」を聞いたうえで改めて番組を見返すと、また違った視点で楽しめる…かも??!!

TEXT:長澤智典

「ボドカフェ!シーズン2」 twitter
https://twitter.com/boardcafe1
RakutenTV 声優チャンネル【公式】twitter
https://twitter.com/rakuten_seiyuch
RakutenTV 声優チャンネル【公式】
https://tv.rakuten.co.jp/static/seiyuch-guide/?scid=twt_seiyuch&utm_source=twt&utm_medium=social&utm