Aphrodite、3月8日(日)にYouTubeを通し13時と18時に無観客ライブ生配信。あの爆音を、ネットを介して体感せよ!!

エンタメ, 音楽

先に、大切な情報を伝えよう。Aphroditeは3月8日(日)の13時と18時の2回、AKIBA COLORSより、YouTubeチャンネルを通し無観客によるライブの無料配信を行なう。そのうえで、以下の文章に目を通していただきたい。

昨今のお上による前へ習えの号令を受け止めるように、今、世の中に”自粛”という空気が漂っている。その流れを受け、日常をライブハウスで過ごし、そこで生きる糧を得ているアイドルや、彼女たちを支える運営側にも、いろんな問いかけが今、投げられている。
一定の期間自粛を決意する人たちもいれば、「求める人たちがいる限りは」と日常を継続する人たちもいる。もちろん、生きるための決断として続けている人たちも否定は出来ない。一人一人が考えたうえで出した「その人なりの答え」を否定や非難するのではなく、進むうえで選んだ一つの道として受け止めたい。そこに何か感じるものがあるなら、共に歩むのも、われわれ受け手側が持つ一つの選択だと思っている。

先に、いただいた資料を張り付けておこう。
「Aphroditeは「アイドル界で唯一無二の世界観!Rock、Violent, dangerous pop、Goth」を提唱。2月19日(水)に新宿BLAZEでのワンマンライブを成功させ、4月4日(土)、5日(日)のギュウ農フェス春のSP2020 〜5th anniversary 2days〜に出演が決定!12月3日(木)渋谷Veatsワンマンを控え、2020年最も勢いを増しているアイドルユニット」

すでにご存じの方もいるだろうか。ほぼ毎日のようにライブ活動を続けているAphroditeだが、今、期間限定とはいえ活動を自粛している。ライブハウスの舞台の上の空気をまとい、そこで歌声を発していないことには生きる術を見いだせないメンバーたちには。とくに、リードヴォーカルを担う倉澤雪乃は、気持ちを抑えきれずに鬱々とした日々を過ごしているのではなかろうか。それをわかっていながら、Aphroditeの運営安元氏は、「メンバーの健康(命)を危険に晒してまで活動を行なうべきではない」と判断。一人一人の人生を預かる運営側としては、これも懸命な決断だと思う。
ライブという「感覚」を刺激し「共有」する場を失うことで、心の灯火が小さく揺らめいてしまうのは、メンバーも、応援するファンたちも同じ。ましてAphroditeは、どんな環境であろうとバンド演奏を凌駕する音を作りあげ、爆音の中で「生を体感」し続けてきたユニットだ。愛と美と性を司るのと同時に、戦いの女神でもあるAphroditeの名前を冠するように、たとえ一時期であろうとその場を失うことは、彼女たち自身はもちろん。女神たちを信奉する人たちも、心に穴が開いたような気分を今は感じているに違いない。

そのフラストレーションを消し去る一つの手段として、Aphroditeは、3月8日(日)の13時と18時の2回、AKIBA COLORSより、YouTubeチャンネルを通し無観客によるライブの無料配信を行なうことを決めた。これも、会場を快く提供してくれたAKIBA COLORSと、配信ライブを推進し、環境を整えてくれたiColonyの存在があってこそ出来ること。Aphroditeのライブを、配信という形を通してでも臨場感あふれる爆音として伝えられると、Aphroditeチームを、AKIBA COLORSとiColonyが強く押してくれたからこそ、今回の嬉しい選択が生まれた。
今回、Aphroditeは無観客でライブを行なう。ライブ中に書き込まれた言葉をメンバーたちは見れないとはいえ、そこで声(文字)を発してくれる人たちがいることを信じられることで、その空間には、何時ものような幻想/幻惑/独創的な世界観が広がっていくはずだ。しかもライブ映像を生配信するiColonyは、マルチアングルの映像とPAからのサウンドという、製品に近いクオリティでアイドルのライブパフォーマンス動画を数多く配信しているYouTubeチャンネル。むしろ、これまでSNSを通してAphroditeの名前を知り、ライブを観る以前の段階で茶化していた連中は、この機会にぜひ触れて欲しい。PC/スマホ/タブレットその機種が何であろうが、ヘッドホンかイヤホンを耳に装着しボリュームを高めにライブへ触れてもらいたい。そのうえで、Aphroditeの運営である安元氏が日頃から主張している言葉の意味を判断していただきたい。

今回の苦境を逆手に取った選択の道は、ネットを介し大勢の人たちにAphroditeのライブへ触れてもらえる機会を得れるという面でも、Aphroditeにはプラスに働きそうだ。無観客ならウィルスに感染することがない(支える側が持っていたら洒落にはならないが)のはもちろん、人の心を魅了するライブなら、むしろネットを媒体に世界中へ広がっていけばいい。そのチャンスの場として、今回の英断を前向きに受け止めたい。
3月8日(日)、あなたが部屋の中でAphroditeのライブに触れられるチャンスは、13時と18時の2回。出会いの場を活かすも殺すも、すべては”あなたの心”次第。目の前に出会いがあるのを知って放棄するのか、手を伸ばしてみるか。その先の判断はお任せしよう。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

Aphrodite 無観客YouTubeライブ配信@AKIBA COLORS
3月8日(日) 13時/18時

配信チャンネル iColony アイドル LIVEch ・アイコロニー
https://youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA

iColony twitter 
https://twitter.com/icolony2
Aphrodite Web
http://aphrodite-official.com
Aphrodite twitter
https://twitter.com/aphrodite_idol
AKIBA COLORS Web 
https://akiba-colors.com
AKIBA COLORS twitter
https://twitter.com/akibacolors