「こころに、まっすぐ、コマラジ♪」をキャッチフレーズに狛江に新たにコミュニティFM「狛江FM」(コマラジ)が誕生。創設者の一人が、AURAのMarble。同FM局の開局式と公開録音の模様をレポート!!

エンタメ

今年、デビュー30周年を迎えたAURA。同バンドのベーシストとして活動中のMarble(ぷりんすマーブル)こと松崎学氏。彼は現在、バンド活動と並行し、狛江市で不動産業を営んでいる。以前から、地域の情報を共有や発信するコミュニティFM局が狛江市に無いことを危惧していた彼は、同じ志を抱く有志たちと出資し、約3年前より「FM狛江設立準備委員会」を立ち上げ活動。今年5月に有志6人で狛江ラジオ放送株式会社を設立。7月に総務大臣から予備免許を付与された。
 「狛江FM」(通称コマラジ)は11月1日よりFM電波の放送を介し。本放送を2019年11月11日11時11分より始め、開局する。
本放送に先駆け、9月14日(土)狛江エコマルホールを舞台に、司会に氏神一番(カブキロックス)と香月りさを迎え、イズミスイングオーケストラの公演とコマエンジェルの公演を含む「開局式」と「ラジオ公開録音」を行った。

 「開会の辞」を受けイベントはスタート。まずは公開録音を兼ねたイズミスイングオーケストラの演奏から。軽快にスウィングする「IN THE MOOD」や「A列車で行こう」の演奏に、場内に足を運んだ人たちも心地好く身体を揺らしジャズ演奏を楽しんでいた。

司会者の一人として氏神一番が「お江戸-O・EDO-」を歌いながら登場。氏神一番と香月りさの紹介を受け、狛江FMの代表取締役社長であるMarbleこと松崎学氏が、登壇。狛江FMが誕生するまでの経緯を説明。地域の情報を細かく届けるためには、どうしてもその地に密着した放送が必要との想いから狛江FMを設立したことを語ってくれた。
さらに地域に密着した情報のみならず、松崎学氏自身がミュージシャンでもあることからエンターテイメントな面にも力を注ぐことを報告。硬軟さまざまな情報を届けながら、地域に密接したラジオ局として成長させようという意志を力強く届けてくれた。

この日は、狛江FMの開局を祝い、狛江市長を筆頭に多くの方が来賓。それぞれ狛江FMを応援する理由や熱い想いを語ってくれた。みなさんに共通していたのが「地域の活性化と安心安全な町作り」「地域の人たちの生活と密接したラジオ局であること」。そのためにも情報を伝える狛江FMの存在は大切になることを力説してくれた。

祝辞に続き、「コマラジ」と、その放送を流す放送局「コマスタ」、さらに番組を彩るパーソナリティたちを映像で紹介。
 続いて、公開録音を兼ね、スーパー主婦パフォーマンス軍団ことコマエンジェルがライブ公演を実施。力強く躍動的、かつ独走的なパフォーマンスを見せ、訪れた人たちの視線を終始釘付けにしていった。

 公演後には、狛江FMを彩る数多くのパーソナリティたちが登壇。最後にみんなで「こころに、まっすぐ、コマラジ♪」と言葉を述べ、イベントは幕を閉じた。

 狛江FMは、「こころに、まっすぐ、コマラジ♪ジ」をテーマに掲げ85.7MHzで放送。本放送のスタートを楽しみにしていて欲しい。

TEXT:長澤智典

狛江FM Web
https://www.komae.fm/