未完成リップスパークル、目標まで僅かに届かなかったながらも、渋谷WWWXでのワンマン公演を熱狂で染め上げた。「僕らの夢の先遠く照らし続ける光」をつかむ、その仲間へ君も加わらないか?!

ライブレポート

昨年3月、未完成リップスパークルは代官山UNITで3rdワンマン公演を実施。あの日に未完成リップスパークルは、次のワンマンライブを周年時期頃に行うことを発表(詳細は7月20日に告知)。昨春以降の活動はすべて、この日のために向けてきた。
結成3周年興行であり、4年目へ突入するうえでの勢いをつけるべく未完成リップスパークルは、1月20日(日)渋谷WWWXを舞台に「未完成リップスパークル4thワンマンライブ~Sorry 4 the wait!~」と題したワンマン公演を行った。先に伝えておくと、昨年のワンマン公演以上の動員を記録しながらも、目標としていた400人には僅かながら届かなかった。でも、彼女たちにとって一番の財産は、この会場に作り上げた熱気。その模様を、これからお伝えしたい。

心のアクセルを思いきり踏み込むように、3人は『加速FANTASY』を歌いながらステージを幕開けた。「あの日の夢から続きを始めよう」、この日は、昨年から続いてきた。そして、これからも続いてゆく物語の第4章目。「未来へ届くように」と彼女たちは歌いかける。馳せる気持ちを加速させるように歌う3人へ、沸き立つ想いをぶつける大勢のファンたち。早くもフロアーに生まれた熱気が、今宵の物語の素敵な未来図を指し示していた。
火照った観客たちの感情をもっと騒がせようと届けたのが、最高に胸キュンでマジカルなポップチューン『らぶモン』だ。3人に「パラリルラリラ」と無邪気な笑顔で呪文をかけられるたび、心が熱く沸きだす。もう、バクバクが止まらない。熱を上げた声が沸き上がる。弾け飛ぶ『ニンジン』に合わせ、フロアー中から飛び交う掛け声。誰もが心夢中に、彼女たちと一緒にアガり続ける。間奏では、3人の動きに合わせ左右へモッシュする場面も。「好きだ好きだ好きだ」「俺もー」と交し合った瞬間に高ぶった気持ち。あの心地好い恍惚が、たまらない!!
『黄昏アウフタクト』のイントロのメロディを観客たちが大声でハミング。3人と一緒に夢中になって溶け合いたい。胸をキュっと締めつける『黄昏アウフラクト』が、心をLOVEな色に染めあげる。なんてロマンチックな歌だろう、馳せる気持ちをぎゅっと優しく抱きしめてくれたのは、彼女たちの歌が掛けた魔法のせい?!。

3人の美しいハーモニーと、「小さな胸の内、好き、好き、好き」「俺もー!!」のやりとりから始まった『ときめきハートダッシュ!』。君のことを思うほどに膨らむ恋心。ときめくピュアな感情を3人は歌声で包み、届けてゆく。彼女たちが「好き、好き、好き」と歌うたびに、フロアー中の人たちが「俺もー!!」と叫んでは、その想いを伸ばした両手で抱き抱えていた。激しい演奏を背に、3人は高く掲げた拳を突き上げ『ココカラ』を雄々しく歌いだした。「遥かな未来へ歩きだすよ、何度でも」の言葉へ込めた、自分たちの胸の奥に秘めた明日へ突き進む強い意志。戦い続ける強い決意を、僕らは彼女たちの歌声に感じていた。「せーの」「コーラフロートキス」の掛け合いから始まった『コーラフロートキス』。メンバーが歌うたびにフロアー中から飛び交うコール。「止まらないこの想い」の歌詞通り、沸き上がる気持ちをぶつけずにいれない。観客たちの作り上げる熱気が、なんて生きた熱さだったことか。未完成リップスパークルに抱いた想いは止まらないどころか、もはや止められない。

ここで3人は、ダンスパフォーマンスに挑戦。Tシャツ姿に着替えた3人は、ダンスリミックスした未完成リップスパークルナンバーに合わせ華麗にダンスを披露。この日のために練習したダンスパフォーマンスは、かなり躍動的で息もピッタリに映っていた。気持ちを一つにダイナミックに踊る3人の姿は、見惚れてしまうほどだった。

 活動3年目を振り返った映像を挟み、新衣装に着替えたメンバーたちがふたたび舞台へ。彼女たちはオリエンタルなEDMナンバー『サイドチェインガール』へ乗せ、キラキラと弾けたステージングを披露。「君か好き」「俺もー」のやりとりも胸を熱くさせる場面。弾むダンスビートへ飛び乗り気持ち一つに弾けあう、その姿が素敵じゃない。

「最初にすーちゃんが新衣装を着たときはプリキュアが現れたかと思ったほど。可愛くて豪華な衣装になりました」と語った雪梨冴愛の言葉を受けて披露したのが、キラキラと弾けたチャーミングなダンスポップチューン『ファンファンファンタスティック』。胸をズキュンと疼かせるサビ歌に合わせ、会場中の人たちが飛び跳ね大騒ぎすれば、3人と一緒に大きく手を振り共に熱を分かち合っていた。「ファンファンファンタスティック飛びだせ ドキドキアドベンチャー 僕がいる平気だよ」と満面の笑顔で歌う彼女たち。3人と一緒なら、どんなドキドキも全力で味わいたい!!
「ドキドキ」「好き好き」と叫ぶファンたちの声を受け飛び出した『SWEET SWEET』。歌詞へ綴ったように、ハートのボリュームがどんどん大きくなる。メンバーらに煽られフロアー中に響いた「ドキドキ」「好き好き」のコール。会場中の人たちが叫んだ「愛してる」の声が胸を熱く高ぶらせる。ヤバい、高鳴る鼓動が収まらない!!そんなファンたちの想いへアンサーするように届けたのが、ドキドキとしたハートビートがリズムとシンクロしたEDMチューン『キライじゃないのぉ』。互いに繋がりあった想いを確認するように「好き好きナンバー」を歌うこの流れ…嫌いじゃないよ。

ここで、新曲の『Starlight Story』を披露。輝く夜空へ向かって光をまといながら飛び立つような、とても力強い、心に明日へ向かうパワーを与えるナンバーだ。「次のステージに近づくのさ」「僕らの夢の先 遠く照らし続ける」と歌う『Starlight Story』。また未完成リップスパークルの中へ、夢をつかむ勇気を注ぐ歌が誕生した。もちろんその歌は、夢をつかもうとしている人たちに贈るエールとしても胸に響いていた。

「この曲は、私たちの3年目の葛藤が歌詞に込められています」(七瀬美優)、「今回の曲は、一人でも多くの人に私たちの歩いてきた道のりを感じて欲しくて歌っています」(新穂純麗)、「サビに感情を込めやすいのと、みんなで顔を合わせて歌うところが好き」(雪梨冴愛)。新曲に対する3人の感想だ。そして…。
「みんなの夢の先のかすかな光を目指していこうと思っています」(新穂純麗)の言葉に続き、3人はラストに向かってふたたびアクセルを踏み出した。飛び出したのが、気持ちを熱く高揚させるパワフルなロックナンバー『純白ノ翼 キミ色ニ染まる』だ。躍動的なダンスと力強い歌声に触発され、フロアー中から沸き起こる絶叫にも似た声、3人と一緒に拳を突き上げるたび胸の中に沸き上がる高揚。もっともっと魂を熱く震わせてくれ。あの高みへ一緒に飛び立つ純白の翼を授けてくれ!!
キラキラと輝く光と笑顔を降り注ぐように、未完成リップスパークルは『夢の中ワンダーランド』を届けてきた。速度の落ちないジェットコースターのように、気持ちがずっと高ぶり続ける。途中から、タオルを手にしたメンバーとファンたちが熱した空気をフロアー中へ攪拌。終盤にはフロアーにサークルトレインが誕生。はちゃめちゃなこの楽しさ、味あわなきゃ人生がもったいない!!
飛び出したのが、『いたずらさまーキュンラプソディ』。胸をワクワクさせるピュアなときめきを、3人はまばゆい歌の輝きに包みこみ届けてゆく。この歌へ触れるたびに抱く、甘い恋心と青春模様。そう、何時だって彼女たちは『いたずらさまーキュンラプソディ』を通して、僕らをまぶしい青春時代へ連れ出してゆく。この甘酸っぱい高ぶりが大好きだ、ドキドキして破裂しそうなこのひとときこそ最高に至福な時間だ!!
最後は、フロアー中にコールが飛び交った『私信津々恋愛CHU』。彼女たちの歌に合わせ、誰もが大きく両手を広げ弾け飛ぶ。沸かずにいれない、叫ばなきゃこの気持ちがクラッシュしそうだ。舞台へ向かって無数に伸びる手が、飛び跳ねる3人に合わせ跳ね続けるその姿が、この日のライブの答え。誰もがクシャクシャな笑顔で騒ぎ続けた、それこそがすべての正解だ!!

 「わたしはすごいヘタレなので、すぐに辞めたいなぁと思っちゃうタイプですけど、好きな人のことを裏切るなんて出来ないじゃん。好きな人たちのことを裏切らないし、ずっと一緒にいたいなと思うから、ここまで続けてこれたし、これからも飽きずに未完成リップスパークルについてきて欲しいです」(雪梨冴愛)
「3edワンマンからこの10カ月でこんなにもたくさんの人たちと出会えたように、これからもみんなといろんな景色を見ていきたいから、一緒に前を向いて進んでくれたら嬉しいです」(新穂純麗)
 「3年間ミリスパをやってきて、毎回ワンマン前に「今、進めているのかぁ」と思ってて。でも、みなさんの顔を見るたびに間違っていなかったなと思わされます。こんなくよくよしちゃうわたしでも、何も言わずに励ましてくれる人たちがいることが。わたしの好きなミリスパを、みんなも好きでいてくれることが嬉しいです。これからもっともっと加速して、二人三脚で進んでいきたいと思います」(七瀬美優)

アンコールで彼女たちは、この日のライブの冒頭を飾った『加速FANTASY』をふたたび歌唱。フロアー中に生まれたオレンジのサイリウムの揺れる波。きらめく光に向かって歌う3人。これからも未完成リップスパークルは、たとえいろんな試練が待ち受けていようとも、支えてくれる仲間たちと共に乗り越えてゆくはずだ。何故なら、「一人じゃないから」。ここには、こんなにもたくさんの心分かち合える仲間たちがいる。だからこそ未来へ向かって、もっと一緒に叶えたい夢に向け気持ちを加速していこう!!
最後の最後に、未完成リップスパークルは今の自分たちの想いを。何より、これから先へ向かう強い意志を仲間たちへ届けようと、ふたたび新曲の『Starlight Story』を届けてくれた。「照らせStarlight Story」、この物語は、彼女たちが輝きに手を伸ばし続ける限り、終わることなく続いてゆく。その物語を彩るキャストは未完成リップスパークルと、3人を応援する君たちだ。まだまだ伸ばしても届かない夢や願いへ、少しでも指先が触れるように大声で声援を贈ろうじゃない。3人が描いているのは、今はまだ、「僕らの夢の先遠く照らし続けるかすかな光」かも知れない。でも、その光を輝かせる術を3人は、そして僕らも知っている。その輝く光に、君も寄り寄ってみないか?!
この熱狂を手に、未完成リップスパークルが4年目へ向かって走りだした。まさに、最高のスタートを切れたのは間違いない!!

PHOTO:コヤマタイガ 
TEXT:長澤智典

未完成リップスパークル Web
http://milispa.com/
未完成リップスパークル twitter
https://twitter.com/MiLiSpa_idol
新穂純麗 twitter
https://twitter.com/MiLiSpa_sumire
七瀬美優 twitter
https://twitter.com/MiLiSpa_miyuu
雪梨冴愛 twitter
https://twitter.com/MiLiSpa_sae

―セットリスト―

『加速FANTASY』
『らぶモン』
『ニンジン』
『黄昏アウフタクト』
『ときめきハートダッシュ!』
『ココカラ』
『コーラフロートキス』
『ダンスアクト』
『サイドチェインガール』
『ファンファンファンタスティック』
『SWEET SWEET』
『キライじゃないのぉ』
『Starlight Story』
『純白ノ翼 キミ色ニ染まる』
『夢の中ワンダーランド』
『いたずらさまーキュンラプソディ』
『私信津々恋愛CHU』
-ENCORE-
『加速FANTASY』
『Starlight Story』

この記事にコメントを残す