声優の下和田ヒロキが店長のWEBラジオ番組「下和田ヒロキRe:Qの夜居酒屋ひーちゃん」。お酒にまつわるトークは蘊蓄の宝庫!?。現在放送中の番組には岡野浩介さんが登場。呑めないゲストと繰り広げるお酒の会話とは…!?

エンタメ

 Webラジオ「響ラジオステーション」で隔週木曜日に配信中の番組「下和田ヒロキRe:Qの夜居酒屋ひーちゃん」。”店長”(メインパーソナリティ)を勤めるのが、声優の下和田ヒロキ(『緋色の欠片』(犬戒慎司役)/『どちゃもん じゅにあ』(しろ役)等)さん。お店「居酒屋ひーちゃん」の”呼込”を、声優の垣坂翔太さんが。”見習”として、同じく声優の近藤舞さんが担当。

声優たちがパーソナリティを担うように、アニメやゲームなど声優仕事にまつわるあれこれを語る番組…と思うところだが、タイトルやそれぞれの役割にも現れているように、この番組は、居酒屋の下和田ヒロキ店主を中心に3人が毎回お客様(ゲスト)を招き入れ、「お酒」にまつわるトークを繰り広げてゆく内容。

同番組には、「推しの一酒」「今夜の有線」と2つのメニュー(コーナー)を用意。
 「推しの一酒」では、お客様とお酒やお酒に合うお摘みにまつわる話や、美味しいお酒の飲み方を、実際に呑んで、お摘みを食しながら繰り広げてゆく。「お酒にこだわり」を持ったお客様が毎回登場するように、さりげなく話す会話の内容がとても奥深く勉強になるのはもちろん、下和田ヒロキさんの軽妙な会話が、毎回ゲストの心を開いたプライベートなトークを導き出しているのも魅力。垣坂翔太さんと近藤舞さんのノリツッコミやボケっぷりにも注目していただきたい。
 「今夜の有線」では、毎回、下和田ヒロキのオリジナル楽曲から新曲や推薦曲を紹介。
店主たちとお客様とのやり取りを通し、ぜひ、いろんなお酒にまつわる蘊蓄を身につけてください。

 現在放送中の番組には、声優の岡野浩介さんが出演。 下和田ヒロキさんと岡野浩介さんは『緋色の欠片』繋がり。 しかもこの番組、お酒を中心にした番組にも関わらず、初のお酒が呑めない人がゲスト。果たしてどんなトークが繰り広げられたかは、ぜひ番組をお聞き頂きたい。

12月21日(木)の配信回には、長野県のクラフトビール「よなよなエール」を筆頭に「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「ハレの日仙人」など個性的な銘柄かつ美味しいエールビールの数々を製造しているヤッホーブルーイングさんがお客様として来店。エールビールとは、「ワインのように香りと味わいを楽しむビール」。エールビールの魅力が、どんな切り口で語られるのか、お酒好き…とくにビール好きなら、ぜひチェックしたくなる回になりそうだ。

TEXT:長澤智典

居酒屋ひーちゃんオフィシャルページ
http://limia-branks.jp/hiroki_izakaya/
響ラジオステーション
https://hibiki-radio.jp/description/hi-chan/detail
ヤッホーブルーイング公式サイト
http://yohobrewing.com/
下和田ヒロキ twitter
https://twitter.com/hikagakurecords
垣坂翔太 twitter
https://twitter.com/shtkksk
近藤舞 twitter
https://twitter.com/mmd0324
岡野浩介 twitter
https://twitter.com/okanokousuke

★第5回放送
https://hibiki-radio.jp/description/hi-chan/detail

この記事にコメントを残す