元号改変と共に、ヴィジュアル界に令和最速となるユニット始動のニュースが到着! 彼らの登場とともに、新時代の風が吹き荒れる。

総合, 音楽

5月になり、世間は元号が令和へと変わると騒がしい中、ヴィジュアル系界にも新しいユニット誕生のニュースが届いた。
平成という時代にヴィジュアル系は誕生し、変わりゆくスピードが速いのが昨今のヴィジュアル業界である。いくつものバンドが生まれ、いくつものバンドが平成では終わっていった。

令和へと変わった瞬間に始動が発表されたVo.I(アイ)、Gt.遥(ハルカ)によるユニット、the Reveude-リヴ―ド-は、耽美・ゴシック・ハードロックの融合、シンフォニックハードロックを確立し、叙情性とキャッチーさを兼ね備えた楽曲と既存の音楽シーンに囚われない硬質なロックを追求していく。
これまで、個々に活動していた二人だが、共にこれまでの活動は試行錯誤の繰り返しであった。そして、一度はこのユニットが結成されることも危ぶまれたという。その彼らが再び出会い、「今のヴィジュアル界で何が出来るのか。何かを始めるのに遅いも早いもない、人生いくつになってもやり直せる、人には無限大の可能性をもっている。」という想いから「再始動」の意味を持つthe Reveude-リヴ―ド-を結成。時代の変わり目と共に、彼らは新たな挑戦、決意を掲げたのである。

人生には一期一会という言葉があるように、生涯で出会う人の数は限られているという。the Rveude-リヴ―ド-の持つ楽曲の1つ『Rebirth』では、遥の作り出す壮大なメロディーに乗ってIが「飛び立つ勇気を持てるか 別れの悲しみを明日に変えて今日も私は歌い続ける」と高らかに歌い上げる。そう、彼らは出会うべくして出会った二人であり、その奇跡を世界へ伝える為にステージへ立つのだ。

そして、アー写と共に7月までのライブ情報が知らされた。5月1日に始動し、5日に本格的活動を浦和ナルシスで迎える。
彼らの掲げた新しい時代への決意をその目で是非に実感して欲しい。the Rveude-リヴ―ド-は新時代へ我々を引っ張っていくのだから。

Text:岡田茉奈佳

Vo.I(正面) Gt.遥(左)

☆ライブ情報☆
5/5
5/25
6/22
7/20
場所 全て浦和ナルシス

 

 

☆公式SNS☆

Twitter @rvd_official_

Instagram thereveud_official