秋のマホガニーイベント開催! 渋谷に、大人たちの夢のライブが響き渡る・・・!!

総合

10月7日、渋谷セブンスフロアでミュージックバーマホガニー主催イベントが華々しく開催された。
この日およそ50人以上が詰めかけ、昼間の開催にも関わらず会場はオープンから大賑わいだ。

 

 

トップバッターを務めたのはわたる。サポートのガンちゃんを率いれ、情熱的な歌声でフロアーを盛り上げる。秋の始まりにピッタリなスピッツのロビンソンをはじめ、彼独特の柔らかな歌声が会場を包み込んでいった。
唯一、オリジナル曲を披露したのも彼だ。『Someday Friday』は、いつかフライデーされたいというバンド時代の彼の願望を歌ったもの。もどかしい恋心が描かれたその曲に、胸がキュンと高鳴るのが聞こえそうだ。そのキャッチーなメロディーと歌詞にに会場は沸き、大きな拍手が彼を包み込んだ。
トップに相応しい爽やかな歌声が、この日の宴の始まりを告げていた。

 

2番手はイケメンと紹介された、渋谷マークシティ近くで営業する「We dram」の立柳と、同じくマークシティ近くの「アボットチョイス」で働く羽根地の二人によるステージ。一曲目から沢田研二の『勝手にしやがれ』のカヴァーで会場を盛り上げていく。立柳のギターと羽根地のカホンのリズムが心地よくも力強く身体を打ち付けてくる。
ラストはBOOWYの『ホンキ―・ドンキー・クレイジー』を。「この中で布袋寅泰が旦那だっていう人―!」
という呼びかけに多くの女性陣から手が挙がるなど、MCでも会場を沸かせていた。普段から仲のいい二人ならではの相性ピッタリな演奏と歌声に観客たちは身体を揺らし、共に音を楽しむ。

 

会場を感動の渦に巻き込んだのは、渋谷にある居酒屋「よかとこ」の大将だ。今回の出演者の中で最年長だが、その歌声は堂々としており、貫禄に溢れていた。心に強く訴えかけるように歌い上げた『ヨイトマケの唄』ではその歌声に涙する観客達の姿が・・・。目を閉じれば古郷が思い浮かぶ感動的な詩が突き刺さる。途中、マホガニースタッフであり、シンガーソングライターのひかりを交えて『water is wide』を披露。カヴァーライブとはいえ、歌に心が宿れば、人の心を揺さぶることができるということを証明した瞬間だった。

 

この日、唯一のバンド形式で出演したしもきたーず。洋楽の日本語Ver.で披露した『オーシャンゼリゼ』など、豪華なセットリストに会場が沸く。バンド形式では珍しく、メンバーにヴァイオリニストを加え、ギターではなくウクレレなど、洒落たアレンジが心を躍らせる。忌野清志郎のカヴァーverである『IMAGENE』の強烈な歌詞が軽やかなメロディにのって、観客たちの身体へと染みわたっていた。観客たちは彼らの奏でる音楽に身を任せ、自然と揺れるリズムに笑みがこぼれる。
音を楽しみながらも唯一のバンド形式として堂々としたステージであった。

 

フォークソングを引っ提げてやってきたは石田。『酒と泪と男と女』を語るように歌い上げる。その歌声は大人の男の切なさで胸が締め付けられる・・・。ハーモニカの音色が力強くも哀愁を漂わせる。その姿に観客たちは惹きこまれ、酔いしれていった。『プカプカ』では手拍子と共に会場が一つになって揺れていく。観客たちを石田ワールドに引き込むと、マスター深澤と『大阪の女』をコラボ。大阪出身の為流暢な関西弁が深澤のハーモニカにのって情景を描き上げる。
まるでショートムービーを見ているようなステージは、彼だからこそ感じる事が出来るのであろう。

 

トリを飾るはマスターである深澤。一曲目は彼自身の挑戦といったBon Joviの『Bed of Roses』を石田とのコラボで。英語は苦手だという深澤だが、そんなことは微塵も感じさせない圧巻の歌声で会場を一瞬にして虜にしていく。
そして、友人である中根とのコラボが始まる。会社員時代からの友人である彼らは共に長渕剛が好きな同志。
『俺の太陽』が二本のギターによる感情的なフレーズで会場を熱く染め上げる。沸き起こる手拍子は止むことなくむしろ大きく、会場の隅まで広がっていった。
ラスト『STAY DREAM』でライブは終焉へ。「皆さんに支えながらも、今日からも明日からも頑張っていこうと思います。」マスターのその言葉に、この曲に、今回のイベントを開催するきっかけとなった想いが込められていた。

 

 

普段会社員として、飲食店の店員として働いている大人がヒーローとなった今回のマホガニーのライブ。
夢とは年を重ねるたびに色褪せるものなのかもしれない。しかし、渋谷の「マホガニー」はその大人たちの夢に再び彩りを、「本人」たちがつけていく。
今回のライブはその始まりに過ぎない。
さぁ、あなたも音楽でその夢に人生に彩りをつけていこうじゃないか。渋谷のマホガニーで。

ライブの模様はこちらの動画でも視聴できる。是非、その心で体感していただきたい。

https://youtu.be/hOKdRFjhsr0 「マホガニーライブ 前半」
https://youtu.be/x9_zmNHR2qk「マホガニーライブ 後半」

http://mahogany0208.com/about/ マホガニーHP

Text&撮影 岡田茉奈佳

この記事にコメントを残す