氷室京介、休止騒動の真相は?過去の言動から見る発言の真意「プライドと潔さ」

音楽

プライドと潔さ

 決して全ての音楽活動からの引退ではなく、創作活動はこれまで通り続けるというものだ。「体力の衰え」が原因であるという報道もあるが、全50公演というロングツアーを行っていれば身体への負担は大きくなる。加えて氷室はかつて出演したラジオ番組で以下のことを語っている。

 「ミックジャガーやスティーブン・タイラーがいるわけだから、自分がそこにどこまで切迫できるか。プロとして25年やっていると最初はいい加減にやってきてもキャリアに対するプライドというのが出てくる。どこまで自分の身体に鞭を打っていけるかだよね」。

 また、ソロデビュー25周年を迎えた昨年、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のインタビューで、自身の価値観について以下のことを語っていた。

 「織田信長がすごい好きなんですよ。ひっちゃかめっちゃかやって自分の決断で好きなことやって最後に明智光秀に裏切られて殺されるときも『是非に及ばず』というのがね。やっぱりその境地ですよね。自分でやりたいことやっているのだから、四の五の言わずにダメな答えが出てもそれを受け入れるよりしょうがない。そこの潔さ、最低限のルールは分かっているつもりですよ」。

 前出のインタビューでは「やりたいことがある、覚えたいことがある。そのエネルギーが生きることの証じゃないですか」とも述べている。

 果たして前出の報道にある理由で引退を決めるだろうか。「キャリアとしてのプライド」が許すだろうか。「潔さ」も、本心では「潔く体力の衰えを認め、次のツアーまで音楽、身体ともにパワーアップをはかる」というものだったのではないか。それが公式サイトにもあった“氷室京介としての”という表現になったのではないか。

新しいものを見出すために移籍

 創作活動についても同じだ。氷室は2011年に長年所属していたレーベルからワーナーミュージックへと移籍した。その理由はワーナー・ブラザーズ・レコードの会長で名プロデューサーのロブ・カヴァロ氏と楽曲を制作するためだったとされている。前出のインタビューで氷室はこう語っている。

 「僕のアーティストとしてのキャリアは何年続くか分からないけど、ロブの下でやることで何か新しいものが見つかるのか試してみたいと思った」。

 氷室は現在、これまでの氷室の延長線上にある新しい音楽、新しい氷室の姿を追い求めている最中なのである。そのなかで生まれた楽曲に、フォルクスワーゲン「Golf Variant」のCMソング『ONE LIFE』がある。サウンドもこれまでは異なるカッコ良さが出ていた。

 ライブ中に語ったとされる「氷室京介としてのコンサート活動を休止」あるいは「氷室京介からの卒業」は引退ではなく、ロブをプロデューサーに迎えて取り組んできた成果が見え始めている、いわば新しい氷室の音楽が表れ始めている、そこでソロデビュー25周年ツアーを“これまでの氷室”の区切りと考えていたのではなかろうか。

 プライドや美学を重んじる氷室だけに好調期における「引退」も彼なりの美学と受け止めたファンもなかにはいただろう。しかし、新しい音楽が見えてきた、ということが事の真相ではなかろうか。

BOΦWY再結成の可能性

 かつての盟友である布袋寅泰が「もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら『最後のステージはせめて一曲でも隣りでギターを弾かせてほしい』そう願うのみ」という声明を発表した。

 BOΦWYの元メンバーとの共演は実現するのであろうか。氷室は2004年のインタビューで「BOΦWYの復活はない」と断言している。ただ、あれから状況は変わっている。

 「ようやく向き合えることができた。それだけ今の自分に自信が持てている」として、その年に、これまで封印してきたBOΦWYの楽曲をふんだんに取り入れた一夜限りのコンサート『KYOSUKE HIMURO“21st Century Boowys VS HIMURO』を行った。これまで『IMAGE DOWN」等の氷室が携わったBOΦWYの楽曲は自身のコンサートでも何度か披露してきたことはあったが、それ以外の曲を入れ込むのは初めてだった。

 さらに、2011年に起きた東日本大震災で被災地復興支援のためにチャリティコンサートを全曲BOΦWYで行うというビックサプライズを演じた。その理由は「BOΦWYを掲げればより多くの人が見にきてくれ、支援活動ももっと大きなものになる」というものだった。しかし、このとき元メンバーには声を掛けなかったとして反発を招いている。後に氷室はこのことを「配慮が足りなかった」と詫びている。

 04年を皮切りにBOΦWYの楽曲に対する抵抗感はなくなったとみえるが、元メンバーと同じステージに立つとなるとまた話は別らしい。

 布袋はこれまでに、高橋まこと、松井と共演を行っている。あとは氷室がどう応えるかにかかっていると言っても過言ではないが、これまでの言動からすると難しいさがある。

 ただ、前述の通り、04年のコンサートのようにこれまでご法度とされてきたことが突如として解禁になることもあり得る。氷室が自負できる何かが得られていれば、再び4人でのパフォーマンスが解禁となることもあり得よう。

 ファンも同様に同じステージに立つ姿を観たいと望んでいる。しかし、ヒムロックの美学を鑑みれば、実現しないこともまた美学だということもファンは理解している。

 さて、この1週間であらゆる報道がなされてきたが、19日・20日に16年ぶりに横浜スタジアムで行われる25周年ツアーファイナルで氷室は何を語るのか、注目される。

この記事にコメントを残す