声優アーティスト・田所あずさインタビュー公開。「新型コロナ感染拡大防止啓発動画」で”天の声”役演じる

エンタメ

神奈川県伊勢原市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止啓発を目的に、声優であり、人気アーティストでもある田所あずささんが”天の声”役を務めるWeb動画「新型コロナウイルス感染拡大防止啓発ムービー『お願い』篇」を公開しました。

本動画は、若年層に対し、感染予防や新しい生活様式の普及・啓発を促すと共に、感染者に対する不当な差別、誹謗中傷を抑制する目的で制作しました。

物語は、それぞれの事情を抱える若者たちが、自分自身の願い事よりも「コロナ終息=皆の将来の幸せ」を願うという展開になっています。若者の願いを聞く“天の声”役は、人気声優の田所あずささんが担当。コロナの終息を願う若者たちの真っ直ぐな想いと、天の声とのコミカルかつハートフルなやりとりが描かれています。

本動画の公開を記念して、田所あずささんにコロナ禍での日常生活や神様を頼ったエピソードなどについて伺った特別インタビューも公開します。

<新型コロナウイルス感染拡大防止啓発ムービー「お願い」篇(ロングver.) YouTube>

田所あずさ
生年月日:1993年11月10日
事務所:ホリプロインターナショナル
主な出演作品:
「アイカツ!シリーズ」(霧矢あおい、二階堂ゆず、神城カレン役、スマートキュウビ役)、「半妖の夜叉姫」(もろは役)、「神達に拾われた男」(リョウマ役)、「ウマ娘 プリティーダービーSeason2」(シンボリルドルフ役)、「ワンダーエッグ・プライオリティ」(長瀬小糸役)、「アイドルマスターミリオンライブ!」(最上静香役)ほか
「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン~次世代声優アーティストオーディション~」グランプリ。人気作のアニメ・ゲームの声を担当する一方、アーティストとしても4枚のアルバムと11枚のシングルをリリースし、ソロライブも精力的に行う。現在発売中の4thアルバム「Waver」は初のセルフプロデュースアルバムとなる。

<特別インタビュー>


―本動画について、率直な感想をお聞かせください。
みんなが勝手な自分自身の願いを神様に願えるような日がはやく来て欲しいな、と動画を見て改めて思いました。このような映像作品に関わることができることを光栄に思います。

―天の声を演じる際、どんなことを意識して収録に臨まれましたか?
「人々の願いに寄り添うように」を意識しました。
私は神様にもコロナの終息を願っていてほしいと思うからです。

―コロナ禍での日常生活について、田所さんの思いをお聞かせください。
私も、もし自分が感染していたらと不安で、祖母に会いたくても会えない日々が続いているので、一刻も早く終息することを願っています。

―もし今のご自身に天の声をかけるとしたら、どんな声をかけますか?
感染対策に神経質になりすぎてしまって、アルコール消毒をしすぎたり、洗いすぎたりして、むしろ手が荒れてしまったりするところがあるので、上手に付き合っていきなさいと言いたいです。

―本動画のテーマは「お願い」ですが、田所さんがこれまでの人生で一番神様を頼った瞬間のエピソードについて教えてください。
オーディションのときです。事前準備はもちろんですが、ご縁の部分もあるので、ついつい神頼みしてしまいます。

―コロナ禍を過ごすファンに一言メッセージをお願いします。
いつか日常が戻って、ライブやイベントでみんなと直接会える日を楽しみにしています。
それまでどうかお身体に気をつけて過ごしてくださいね!