YOASOBI 幾田りらの新曲起用「あんしん生命」新CMが放映開始!メイキング・コメント動画も

総合

東京海上日動あんしん生命保険株式会社は、2021年2月16日(火)より新CMを放映しています。

新CMでは、「ひとりひとりの生きるのそばに。」をテーマに、様々な世代の人たちが、壁にぶつかりながらもひたむきに生きる姿を映し出しています。

物語は、映画「ビューティフルドリーマー」で主演を務めた他、映像作家や執筆家としても活躍中の小川 紗良さん演じる“わたし”の「いつもの日常」を軸に、4つのストーリーを展開。周囲の人達やそれを応援する家族を通じて、「あんしん就業不能保障保険」の特長を、小川さんの自然体かつ魅力的な演技で伝えます。

動画の楽曲は、音楽ユニットYOASOBIのボーカルikuraとしても活動する幾田 りらさんが本CMのために書き下ろした「Answer」を起用しています。多くの人が悩み、もがいた2020年。幾田さんも様々な葛藤を抱いたと言います。本楽曲は、そんな幾田さん自身の経験を重ねながら、“チャレンジすることを応援したい”という新CMのテーマをもとに制作されました。明るい未来に向かって頑張る人達の背中を押すような、メッセージ性の強い一曲となっています。

小川さんと幾田さんがタッグを組むのは、2019年夏の同社CMからおよそ1年半ぶり。逆境の2020年に大躍進を遂げた2人が送る、感動的で心温まる新CMとなっています。

■CM詳細
(1)「帰ってきた先輩」篇
病気で仕事を休んでいた先輩が数か月ぶりに職場復帰。ランチはお弁当派の3人が、久しぶりに“いつもの”ランチをしに会社の屋上へ。先輩は、「自宅で療養していたけど給付金のおかげでいつもと変わらず過ごせたよ」と笑顔で話します。しかし、お弁当のふたを開けると、「おとうさん、おめでとう」の文字と、家族の幸せそうな笑顔が。奥さんと娘が愛情をこめて作った“特別な”お弁当と、いつも通りの日常に、先輩の目には涙が溢れます。

(2)「負けないオーナー」篇
街のお花屋さんには、働き者のご夫婦がいます。しかしこの日はオーナーの姿が見えません。店頭にいる奥さんに尋ねて店内を覗くと、夢中で“フラワーボックス”の制作に挑戦するオーナーの姿が。奥さんは「働きすぎて何かあったら困っちゃう…」とオーナーの身体を心配します。
用意していたお花をひっくり返してしまい、うまくいかない様子を見せつつも、諦めず黙々と作業を進めるオーナー。いくつになっても新しいことにチャレンジし、失敗しても諦めないオーナーの姿に奥さんは惚れ惚れします。最後には努力の甲斐もあり、素敵なフラワーボックスを完成させます。

(3)「父さんの決断」篇
久しぶりに実家に帰り、父親が働く工場へ行くと、パソコンに向かって慣れない英語を話す父の姿が。「海外から大きな商談が入って、『社長の俺が話す』って毎日英会話をやってるらしいんだけどさ…」と、父の最近の頑張りを明かす従業員。彼の言葉通り、必死に英会話を学んでいる父。従業員は続けて「『まだまだ頑張るんだ』って、保険にも入ったんですよ」と話します。挑戦を止めない、常に前向きな父に対し、“わたし”は照れ隠しの呆れ顔を見せつつ歩み寄ります。

(4)「私のアンサー」篇
“人生100年時代”と言われる現代。でも、将来のために正直何をしたらいいかはまだ分からない“わたし”。まずは「目の前のことに真剣に向き合う」と決め、そのために「真剣に備える」ことについても考えます。そんな“わたし”に、職場の先輩からは「焦らず続けていくことが、これからを生きるコツかもな」と、アドバイスが。先輩の言葉を受け、「わたしは、長く働いていけたらと思う」と、今の自分の気持ちを確信します。

■新CM特設サイト(メイキング映像/小川紗良さん・幾田りらさんコメント動画)について
新CMの公開に伴い、「あんしん就業不能保障保険」の商品説明や、動画撮影および楽曲収録時の様子を収めたメイキング映像などが掲載された特設サイトが開設されています。メイキング映像では、書き下ろし楽曲「Answer」のワンコーラス版を聴くことができます。
また、出演の小川さんと楽曲を担当した幾田さんの特別コメント動画も併せて掲載されています。

■プロフィール


出演者:小川紗良
1996年6月8日生まれ。
「女優」「映像作家」「時々執筆家」。
高校時代に雑誌モデルとして掲載されたことがきっかけで女優としての道が開け、学校行事を撮影・編集し校内で上映したことから映像作家としての第一歩を踏み出すこととなる。2019年春に早稲田大学を卒業するとともにNHK 「まんぷく」AbemaTV「フォローされたら終わり」などに出演。2020年11月に公開された、映画「ビューティフルドリーマー」(押井守原案・本広克行監督)では主演を飾るなど、期待が高まる。また初長編監督作品「海辺の金魚」(東映ビデオ配給)が2021年初夏に公開予定。その他エッセイ・絵本・小説を執筆するなど、その可能性は広がっていく。

楽曲担当者:幾田りら
2000年9月25日生まれ。
東京都出身のシンガーソングライター。
2019年11月16日(土)に発売した2ndミニアルバム『Jukebox』の収録曲「ロマンスの約束」がYouTube100万回再生を突破。2020年にはテレビCMやアニメーション映画での歌唱も話題になり、12月25日には新曲「ヒカリ」を配信リリース。YOASOBIのボーカル・ikuraとしても活動しつつ、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」にも所属。

■新CM・特設サイト
公式HP あんしん就業不能保障保険 商品紹介:
https://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_kakei/anshu/index.html
■公式HP CMギャラリー
https://www.tmn-anshin.co.jp/company/cm/
■公式YouTubeチャンネル
・「帰ってきた先輩」篇:https://youtu.be/d0dWgPxjzIU
・「負けないオーナー」篇:https://youtu.be/aChCN2TDR2w
・「父さんの決断」篇:https://youtu.be/-Mm15YA60VQ
・「私のアンサー」篇:https://youtu.be/ptlNGqI00i8
■新CM特設サイト
https://www5.tmn-anshin.co.jp/landing/anshu_2101_special/index.html