ラストアイドルファミリー、一丸となったステージで魅了した台場

 秋元康氏がプロデュースするラストアイドルが去る4月18日、東京・Zepp DiverCityで『ラストアイドルファミリー2ndシングル発売記念コンサート in Zepp DiverCity』を開催した。2ndシング「君のAchoo!」の発売を記念し、ラストアイドルファミリーが総出演。「バンドワゴン」や「ラスアイ、よろしく」2期暫定メンバー12人によるステージ、初となるシャッフルユニットコーナーなど、アンコール含め全25曲を熱演し訪れた観客を魅了した。アンコールではLaLuce・吉崎綾、古賀哉子、G…

フレデリック「TOGENKYOのその先へ」初単独アリーナで見せた未来

 神戸で結成された4人組ロックバンドのフレデリックが4月30日に、兵庫・神戸 ワールド記念ホールで自身初となるアリーナワンマン公演『FREDERHYTHM ARENA2018~KOKYOのTOGENKYO~』をおこなった。昨年10月にリリースされたミニアルバム「TOGENKYO」を引っさげて続いていたツアーの最終目的地となった本公演は、バンド結成からの集大成を感じさせるとともに、未来への姿が垣間見えたステージだった。アリーナ公演ならではの圧倒的なスケール感の演出や、新曲「シンセンス」と7月にリリース…

Nissy「今日僕を選んでくれてありがとう」感謝満ちた東京ドーム

 西島隆弘のソロ名義であるNissyが4月25日と26日、東京ドームで全国ツアー追加公演『Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME』をおこなった。2017年12月にリリースした2ndアルバム『HOCUS POCUS 2』を引っさげて、2018年2月からアリーナ公演14本をおこなった『Nissy Entertainment 2nd LIVE』、追加公演となる東京ドーム2Daysの全16公演をおこなうというもの。アルバムの楽曲を中心に新曲や1s…

瀬川あやかの笑顔と歌声にグッと、26歳誕生日にツアー最終

 4月27日に26歳の誕生日を迎えた瀬川あやか。誕生日当日に、彼女は舞台の上に立っていた。3月に発売した2ndアルバム『センチメンタル』を手に、瀬川は、4月に全国ツアー『瀬川あやか“センチメンタル” LIVE TOUR 2018~melting music in the mouth~」をスタート。その千秋楽の地を、自らの誕生日に重ねあわせてきた。東京・白金高輪SELENE b2でおこなわれたワンマン公演の模様を以下にレポートする。【取材=長澤智典】
ライターの所感
 なんて、客席から突っ込みの多いラ…

w-inds.「今までで一番喋った」アットホーム感溢れるツアー最終

 w-inds.が4月30日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで、ファンクラブ会員向けのライブツアー『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2018~ESCORT~』最終公演を開催した。ファンクラブ会員向けのライブツアー。普段とはひと味違い、デビュー17周年を迎えた彼らの新旧楽曲を織り交ぜた内容で、全国6都市6公演で開催。橘慶太も「今までで一番喋ったな(笑)」とMCで語った様に、アットホーム感溢れる一夜となった。【取材=松尾模糊】
横アリのステージに感無量
 会場が暗転し、バンド…

妄想キャリ、魅力気力余すことなく 47都道府県ツアー東京公演

 昨年5月から約1年をかけて開催してきた、5人組アイドルグループ・妄想キャリブレーションによる全国ツアー『妄想キャリブレーション47都道府県ツアー 大声出そうぜ。MOSO MAX』の東京公演が15日、東京・TSUTAYA O-EASTでおこなわれた。最新アルバム『妄想道中膝栗氣』収録曲を中心に、DJプレイ、カラオケコーナー、雨宮伊織のピアノ演奏などてんこ盛りの内容で、今持てるすべての魅力を余すことなく出し切り、完全ブレイク目前といった爆発寸前のパワーを見せつけた。【取材=榑林史章】
インディーズ時代…

新しい地図「雨あがりのステップ」の魅力を深堀り、巧妙な仕掛け

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人による「新しい地図」がリリースした「雨あがりのステップ」。パラスポーツ応援チャリティーソングとして3月19日に配信限定リリースされたこの楽曲は、MVの動画再生数(100万再生超)やダウンロード数(8万DL)など、セールス的な数字を見るだけでも大注目されていることがよくわかる。
 「どんなに良い曲なのか?」と思い、何度も聴いてみたところ、確かに、良曲だった。「凄く心に響きます」「チャリティーにもピッタリですね!」「この三人だから生きる曲」という声が上がる中、素直に聴…

文音、大らかな人柄の影に見えた宿命への挑戦と覚悟

 主演に女優の文音を迎えた映画『ばぁちゃんロード』が、14日より全国公開された。記者は、同映画並びに、『おみおくり』の舞台挨拶を取材してきた。特に、前者に至っては単独インタビューもおこなった。舞台挨拶はおおよそ、完成披露試写会から始まって公開初日あるいは大ヒット上映記念で一連の“キャンペーン”が終わる。これらを一貫してみたときに、作者あるいは出演者の姿が垣間見えることがある。文音については大らかな気持ちを支える宿命への挑戦心がうかがえた。
小媒体のインタビューに応える文音(撮影=ヨコマキミヨ)
 こ…